info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

日焼け止めの種類について。ケミカル日焼け止めとノンケミカル日焼け止めどう違う?

カテゴリー:美肌になるためにこつこつと

肌老化の8割は紫外線によるものと言われています。

紫外線対策は必須なのですが、日焼け止めを選ぶ基準はどのように選んでいますか。

日焼け止めは、2つの種類に分けられます。

紫外線吸収剤のケミカル型と、紫外線反射剤のノンケミカル型。

ケミカルとは化学物質、化学反応をおこさせることにより得られる化合物。

 

紫外線吸収剤の日焼け止めのメカニズムは、紫外線を受けた時、肌の上で吸収剤が化学反応を起こして、熱エネルギーに変えて放出することで肌を紫外線から守ります。

(メリット) 皮脂や汗に強いものが多い。仕上がりが透明のものが多く白浮きしない。テクスチャーは伸びの良いものが多い。

(デメリット) 肌に負担がかかり、敏感肌の人は肌トラブルやアレルギーの原因になることがある。石けんで簡単に落とせない。

 

紫外線反射剤の日焼け止めのメカニズムは、紫外線を受けた時、肌の上で散乱剤が散乱・反射することで、紫外線をはね返し、肌を紫外線から守ります。

(メリット) 肌への刺激が少なく、石けんで簡単に落とせるものが多い。

(デメリット) 汗や水で流れやすくものよっては、こまめな塗り直しが必要。反射剤の白い粉体が肌に塗った後白く気になることがある。

*以前手作りコスメをしていた時は、この紫外線反射剤の酸化チタンと酸化亜鉛を使用して作っていました。手作りなので結構白くなりましたが、販売されているものは研究を重ねて作られているので肌馴染みも良いと思います。

 

それぞれメリットデメリットがありますが、少しでも肌に負担の少ないものを選びたいです。

紫外線吸収剤の中には、肌の上に直接付かないように吸収剤をカプセルのようなもので包み工夫をしている会社の商品もあるようです。そのような会社の商品には説明書きが付いているはずですのでチェックしてみて下さい。

夏の強い紫外線の中に長時間いなくてはならない時や、海やプールで水が付く時は、紫外線吸収剤を使った方がいい時もあるかもしれませんが、普段の日常生活や、家に居る時は紫外線反射剤が良いのかなと思います。

ドラックストアなどで売っている日焼け止めのほとんどは紫外線吸収剤ですが、たまに「敏感肌用紫外線吸収剤不使用」などと書いてあるものもあります。

日焼け止めの成分にメトキシケイヒ酸エチルヘキシルと書いてあったらそれは、紫外線吸収剤です。成分を見てみて下さいね。

そして、自分が今どちらの日焼け止めを使っているのか、分かって使うのと、分からないで使うのとは全然違うと思いますので使い分け、気にしてみて下さいね。

※2021年1月ハワイ州ではサンゴ礁を守るために、有害性が指摘されている、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート(日本では名前を変えてメトキシケイヒ酸エチルで流通)」を含む日焼け止めの販売や流通が禁止されるようです。ハワイでは、これらの成分がフリーの肌に優しいものも多く流通されているようですよ。

海のレジャーでも、環境のことを考えたら、何度も塗りなおすようだけれど反射剤の方が良いのかもしれませんね。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

*サロンの美肌プログラムについて→2つの美肌プログラムについてはこちら

*コースの詳細は→メニューコースの内容について をご覧になって下さい。

※只今、セットのフェイシャルの内容に一部変更があります。→一部内容の変更について。

*ご予約・お問い合わせは→ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に

*初めてのお客様は→初めてのお客様へサロンのご来店からの流れを写真でご紹介

*新型コロナウイルス対策について→新型コロナウイルス対策に伴うお知らせはこちらをご一読お願いします。

入間市のホットストーントリートメントサロン。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

肌老化の8割は紫外線!曇りの日でも日焼け止めは必須です。

カテゴリー:美肌になるためにこつこつと

曇りの日は日焼け止めを塗ることを油断しませんか?

肌老化の原因の8割は紫外線と言われています。

私たちが気にした方が良い紫外線は2種類あって、UVA波とUVB波と言います。

UVB波は春から夏にかけ日差しが強い日に注意が必要で、レジャー紫外線とも呼ばれ、肌表面を赤くさせ、ほてりやひどい場合は軽い火傷のようにひりひりさせます。肌の炎症はシミトラブルの原因になります。皮膚のメラノサイトは刺激を受けてシミのもとメラニンを放出します。

UVA波は一年を通して降り注ぎ、肌表皮の下、肌弾力を作り支えるコラーゲンや、エラスチンにダメージを与え、しわやたるみを加速させます。紫外線をあびて熱間を帯びたり、赤くなれば、ダメージを受けたことが分かりますが、じわじわと肌の奥を攻撃されては気が付きません。

秋冬の紫外線対策は本当に重要です!

紫外線は窓ガラスや白シャツを透過するので家にいても日焼け止めしてくださいね。

スキンケア化粧品にシミ、しわ、たるみ対策アイテムがありますが、これ以上肌老化を早めないためにも、日焼け対策がとても大切です。せっかく美容液を付けていても、紫外線ケアが出来ていないといつまでも追いかけっこになってしまいます。

もう一つ気にしてほしいのが、ブルーライトです。パソコンやスマートフォンからはブルーライトが出ています。ブルーライトも紫外線同様に肌老化を早め、眼球にも影響があります。スマートフォンにはブルーライトカットフィルムを付けたり、ブルーライト対応の眼鏡がありますのでチェックしてくださいね。

※写真の日焼け止めは美肌プログラムADS専用のブルーライト対応の日焼け止めです。

次回日焼け止めの種類について書いていきますね。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

*サロンの美肌プログラムについて→2つの美肌プログラムについてはこちら

*コースの詳細は→メニューコースの内容について をご覧になって下さい。

※只今、セットのフェイシャルの内容に一部変更があります。→一部内容の変更について。

*ご予約・お問い合わせは→ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に

*初めてのお客様は→初めてのお客様へサロンのご来店からの流れを写真でご紹介

*新型コロナウイルス対策について→新型コロナウイルス対策に伴うお知らせはこちらをご一読お願いします。

入間市のホットストーントリートメントサロン。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ジェルクレンジングの一回の使用量は?

カテゴリー:美肌になるためにこつこつと

クレンジングの目的は、メイクを落とすだけではなくて、毛穴を洗うことなんです。前回のブログに続きます。→☆洗顔の目的は大きく分けて2つ

皮脂は毛穴から出てきます。皮脂を放っておくと、酸化して過酸化脂質となりシミの原因になったり、毛穴をふさいで、ニキビの原因になってしまいます。

皮脂は、始めはサラサラなのですが、酸素に触れることでどろっとなり、固まって毛穴をふさいでしまいます。なので一日の終わりには、毛穴を洗い古い皮脂を洗い流すことが大事なんです。

写真のようにジェルはたっぷりと、手のくぼみにすりきり一杯くらい、またはカレースプーン山盛り1杯位、出して顔と手の間にジェルが必ず介在するようにして洗って下さいね。

洗い方は

ジェルを手の平で少し温めて顔にのせて、優しくジェルを動かすように洗い、顔の皮膚がなるべく動かないように、優しくジェルを動かしてください。

手の平全体か、指の場合は中指と薬指を使い優しく洗って下さいね。

上手に皮脂とジェルが乳化すると透明なジェルは、乳白色になります。

乳化したら、皮膚より温度の低いぬるま湯か水で洗い流してください。手ですくってパシャッパシャッと流してください。髪の生え際やあごもしっかり流したら、タオルで水分を吸い取るようにしてください。決してタオルでこすらないようにお願いします。

※ウォータープルーフのアイメイクなどは落ちにくい場合があります。ポイントメイクは落としてから、全顔のクレンジングを行うことをお勧めします。こすると色素沈着の原因になってしまいます。

ジェルクレンジングは、メイクをしない日も行います。優しく、余分なものの入っていないジェルクレンジングを使って下さい。

ドクターリセラのジェルクレンジングは、海洋深層水α Gri-xがベースの、肌を汚すものはいっさい入っていない納得のクレンジングです。ピュアモイスチャークレンジング。

私はたまにですが、このジェルを使って、顔のリンパマッサージをします。伸びが良いので摩擦なく出来て気持ち良いですよ。

化粧品の中で一番お金がかかるのはクレンジングだと思います。美容液を1本減らしてでもクレンジングは減らさないでほしい、たっぷり使ってほしいアイテムです。→☆α Gri-xについてはこちらをご覧ください。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

*サロンの美肌プログラムについて→2つの美肌プログラムについてはこちら

*コースの詳細は→メニューコースの内容について をご覧になって下さい。

※只今、セットのフェイシャルの内容に一部変更があります。→一部内容の変更について。

*ご予約・お問い合わせは→ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に

*初めてのお客様は→初めてのお客様へサロンのご来店からの流れを写真でご紹介

*新型コロナウイルス対策について→新型コロナウイルス対策に伴うお知らせはこちらをご一読お願いします。

入間市のホットストーントリートメントサロン。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

洗顔の目的は大きく分けて2つ。

カテゴリー:美肌になるためにこつこつと

  

きれいな肌を手に入れるためには、なにより洗顔が大切です。洗顔は顔の汚れを取ることですが、

洗顔には大きく分けて2つの目的があります。

1.毛穴を洗う

あまり意識しずらいかもしれませんが、皮脂は毛穴から出てきます。一日顔にのった皮脂は夜には酸化します。酸化した皮脂をそのままのせておくと過酸化脂質となり肌老化の原因になってしまいます。夜はメイクを落とすとともに、クレンジングで毛穴を洗います。

クレンジングは油分の入っていないジェルタイプの物をおすすめします。メイクをしていない日でも、皮脂は出て酸化しています。ジェルクレンジングで毛穴を洗って下さいね。

2.不要になった角質を洗い落とす

肌の表面は角質で守られています。肌の下で生まれた細胞は2週間かけて肌表面に上がってきて、2週間で肌を守る役目をはたしたら、あかとなってはがれ落ちます。年齢とともに肌代謝が乱れ、不要な角質が肌に残り肌のごわつきの原因にもなります。せっかくの美容液も厚い角質があっては入っていきません。

角質を洗い落とすのは泡洗顔です。泡が優しく汚れを包み込み落とします。純粋な石けんを良く泡立てて手が肌に触れないように泡で洗って下さいね。

 

夜はジェルクレンジング+泡洗顔。朝も泡洗顔で洗い、肌を清浄にして下さい。(全ての方に当てはまるわけではなく、肌に炎症など大きなトラブルが無い状態での洗顔とお考え下さい)

(※注意:炎症を伴うニキビがある時や、アトピー性皮膚炎で肌が弱っているときなど、肌の状態に合った洗顔方法がありますので、また別と考えてくださいね。)

肌は出来るだけ刺激を与えない事が大切ではあります。メイクをしないときは水だけ洗顔とか、朝は洗顔しない方が良いと流行ったこともありましたが、一晩経って顔に乗った皮脂はきれいに洗い落として、新しい皮脂膜でおおってあげましょう。

 

『肌に負担をかけないために大切なこと。』

1.肌を触るときは優しく、できれば肌に直接手が触れないようにしっかり泡を立てて泡で洗い、クレンジングもたっぷりと手に取って、顔と手の間にはジェルを介在させて優しく、ジェルを動かすような感覚で洗う。毎日のことなので、間違った洗顔を繰り返すと、肌にとってマイナスになってしまいます。

2.クレンジングはオイルフリーのジェルで、洗顔は純粋な石けんがお勧めです。なるべく余計な物の入っていないものを選ぶ。

3.たっぷりの水かぬるま湯で洗い流す。水の温度は肌の温度よりも低い温度で、シャワーは直接顔に当てないように手ですくって優しく流す。

4.タオルで水けを優しく吸い取る。タオルでこすらないように。

 

寒くなってくると、洗顔が大変に感じるかもしれません。私は洗面スペースに小さな暖房器具を置いたら快適になりましたよ。泡を作るときは泡立てネットが便利です。ネットをつるす場所も確保しましょう。

顔にはたくさんの脳神経が通っています。優しいタッチの洗顔はとても気持ちの良いものです。洗顔は癒しの時間と思うとおっくうな洗顔も楽しく感じられるかもしれません。朝のあわただしい時間はそれどころではないかもしれませんが、美肌は一日にしてならずと思って。モチベーションをあげていきましょう。

 

一度しっかり洗うと、肌がすっきりくすみもとれてさっぱりします。それが、10日、3か月、1年と続いたら少しずつ肌は応えてくれます。きちんと洗顔をしている肌はつるつるとして触れると気持ちが良いものです。