info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

寝てもすぐ目が覚めてしまう? セロトニンとアロマオイルトリートメント。

カテゴリー:アロマトリートメントについて

寝ても直ぐに目が覚めてしまうと、不安にもなりストレスも溜まります。

できることなら朝まで起きないでぐっすり眠りたいですよね。

良い睡眠は自律神経のバランスが乱れると難しい。身体をリラックスさせてお休みモードに切り替える副交感神経と、反対に活動的に働く交感神経の二つのバランスが整うことで、質の良い睡眠につながります。

ストレスが強く、常に緊張している場合は、身体の疲れで一度は眠っても交感神経が強く覚醒してしまうかもしれません。

特に、‘新型コロナウイル‘による緊急事態宣言など今まで経験したことのない事態があって、今後の不安や、ステイホーム中もライフラインを守るため、ステイホーム出来なかった方々も、大変なストレスがあったと思います。

何か逃げ道と言うか、現実逃避がひと時でも出来て、楽しいと心から思える何かが身体には、必要だったのかもしれません。

ゲームやお笑い番組で息抜きで楽しんだり。笑うことって大切です。楽しくなくても、わざと口角上げるだけでもいいんです。ちゃんと身体が反応して、幸せホルモンの、セロトニンが分泌されると言われています。セロトニンが日中しっかり出ることで、夜、睡眠へ導くメラトニンが作られます。

 

セロトニンは、朝の太陽の光を浴びることでも作られます。日照が少ないと人は鬱々としてしまうのはこのセロトニンが減るから。

セロトニンの生成には、必須アミノ酸のトリプトファンを含む食材を日中に取ることが必要です。トリプトファンを含む食材は様々ありますが、中でも、納豆、大豆、豆腐、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト、バナナなどなどは手軽に取り入れやすいですよね。

 

日の光を浴びて、笑って、リフレッシュして、乳製品や大豆製品、肉や魚や卵を日中にしかっり食べる。ことで改善されていくといいです。

心と身体、両方をゆっくり休ませる時間を是非取ってください。

 

ストレスの軽減にはタッチングの効果も大きいですよ。

アロマオイルトリートメントは、触れて、マッサージ(トリートメント)をすることで幸せホルモンのオキシトシンが放出され、セロトニンを増加させると言われています。

施術する方にも放出されるといいます。実際、トリートメントをしているととても気持ちが落ちつくんですよ。

アロマオイルトリートメントで、一度、しっかり深く副交感神経を優位にさせて心地よいリラクゼーションを体感してくださいね。

さらに、身体の滞り、老廃物を流し、すっきりリフレッシュして明日に備えてください。

 

→こちらにサロンの、新型コロナウイルス対策と大切なお客様へのお願いを載せました。一度ご覧くださいますようにお願いいたします。

☆ 新型コロナウイルス対策とお客様へのお願い

 

 

この記事をシェアする