info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

ADS使用4ヶ月半の感想。レチノールとは?

カテゴリー:ADS使用の感想

 

ADSの美肌プログラム。始めて4ヶ月半経ちました。

高濃度レチノールはプログラムのマックス量を連続で毎日入れるようになりました。

今の肌の状態は、開始3か月までの頃に比べ、肌の乾燥感が落ち着いてきました。たまにあご周りの皮膚がカサカサすることもありますが角質ケアのプラチナピールをすると、きれいになります。プラチナピールは、ヒアルロン酸がたっぷり入っていて、空気中の水分を取り込み肌表面を柔らかくして要らない角質を優しく巻き取っていくパックです。ケアしながら、レチノールを入れています。

始めた頃と比較すると、小さいシミが少しずつ薄くなって減ったように見えます!

※レチノールを入れると個人差がありますが、肌活性により、人によっては肌に熱間を感じて、赤みを帯びたり、肌表面の不要な角質がめくれてカサカサしたりします。

 

レチノールとは

ビタミンAの事で肌を活性させていくんですが、高濃度となると一般化粧品には入っていません。入れられない理由があります。サロンでお取り扱いしている高濃度レチノールは、パッチテストをして、肌を確認した後、ドクター管理下で使っても大丈夫となって初めて発送され、使用開始になります。それも慎重に少量から、肌の変化を見ながらはじめていく化粧品になります。

㊟ 高濃度レチノールは、紫外線に特に注意が必要で、夜のお手入れに使用します。そして日中の紫外線ケアが重要になります。

㊟ ホワイトニング効果の高いものと一緒に使います。(なぜなら、全ての細胞活性なので、シミを作るメラノサイトは活性を抑えないといけないんですね)

 

肌を下から動かしていく感じで、新しい細胞をどんどん生んで押し上げ、古い細胞と入れ替えていく仕組みです。

(シミには美容クリニックでレーザーが早い、とも聞きますが、顔の中の1個のシミをケアするのか、顔全体をじっくり時間をかけて底上げしていくのか、考え方が違うので、選択肢の一つとしてください。)

 

若いうち20歳までは、どんどん新しい細胞が生まれています。

でも、20歳を過ぎたら、だんだんと新しい細胞が生まれる速度が遅くなり、また古い角質がはがれにくくなっていき、蓄積された紫外線による、シミのもとが排出されにくくなるんですね。

また、ハリなど肌の弾力が失われてくるのは、肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンが活性されなくなってきたことにも原因があります。

肌表面の角質層に潤いを与える、使用感がいい、潤う、しっとり化粧品と言うものだけでは、根本の解決にはならないんですね。

サロンの美肌プログラムは、肌表面でなく、その下の肌を変えていくプログラムです。

 

※また、医薬品としてとても活性力の高いレチノイン酸と言うものがあります。レチノールの100倍とも聞きます。ビタミンA誘導体の一つで、日本未承認薬、医薬品で医師が扱うものになります。(活性力はかなり高く、副反応も高いようです。私は使ったことがありません。)

※また、ビタミンA誘導体には、化粧品として効果がマイルドなものもあり、一般化粧品に配合されていています。

 

ビタミンA(レチノール)、ビタミンA誘導体は、その濃度により、活性力の高さと、副反応の出方とで自分のライフスタイルに合うものは何か、選んでみて下さいね。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

*new!! フェイシャルメニューについて→フェイシャルメニューはこちら

*new!!ボディーメニューについて→ボディーメニューはこちら。

*サロンの美肌プログラムについて→2つの美肌プログラムについて

*ご予約・お問い合わせは→ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に 

lineでお気軽にご予約もいただけます。line公式アカウントは@809bizkk  です。ご希望のお日にちとコースをお知らせください。

*初めてのお客様は→初めてのお客様へサロンのご来店からの流れを写真でご紹介

*新型コロナウイルス対策について→新型コロナウイルス対策に伴うお知らせはこちらをご一読お願いします。

入間市のホットストーントリートメントサロン。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

この記事をシェアする