info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

花精油オーガニック・ダマスクローズ(ローズオットー)精油入りました。フェイシャル、リッチボディ、ボタニカルコスメにご利用いただけます。

カテゴリー:サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物

花精油のダマスクローズ(ローズオットー)精油はRosa damascenaと言う学名のローズから採取されます。写真の真ん中のピンクのローズがロサ・ダマスケナです。この花が何十本何百本と集まって、たった一滴のバラの精油が採れるんです。

精油の採取方法によって、2種類の精油が得られます。

*ローズアブソリュート・・・溶剤抽出法(多くの芳香成分を含む華やかな香りは香水などに入れて素晴らしい香りを楽しめます。)

*ローズオットー…水蒸気蒸留法(落ち着いた甘い香りのローズは心を穏やかに鎮静させ、スキンケアやボディケアに向いてます。)

 

サロンで使用するのはローズオット-精油。その甘い香りは、傷ついたり、疲れた心を深く癒し、ストレスから解放します。そしてスキンケアでは香りをかぐことで肌の水分量がアップすることがわかっています!肌のくすみを改善して乾燥も防ぐ。潤いと幸せが増える香りなんですよ。朝晩のフェイスリンパドレナージュに使用したら最高ですね。

またローズオットー精油は女性ホルモンのバランスを整え、生理痛や更年期の辛い症状を緩和させます。香りをかいだり、トリートメントオイルに入れて腰や仙骨周りをトリートメントしていきます。手作りボタニカルローションに入れて、朝晩のフェイシャルケアに使用するのもいいですね。

ローズオットー精油は大変希少な精油です。

薔薇の精油500mlを採取するのに1トンもの花びらが必要だとか。100gで1滴の精油が取れる計算です。300gでバラ100輪位とすると、100本のバラから2~3滴の精油しか取れないんですね。貴重な精油です。しかも一滴で十分力を発揮してくれます。

50mlのローションに精油1滴でも肌に乗せた時の香りはとても良いものになります。

その昔クレオパトラはローズを愛用し、アラビア医学のバイブル本医学典範では、ダマスクローズのすり潰したものやローズウォーターを使った治療法がいろいろ示されているそうです。薬としても使われていたローズ。現代でもバラの花びらのジャムやお菓子、飲めるローズウォーターもあります。

サロンでは、ご希望によりフェイシャルトリートメントにローズ精油をご使用いただけます。滴数に限りがありますのでお早めにお声掛け下さい。またボタニカルローションご希望の方もトリートメント終了後にお作りいただけます。ごお自宅で続けてケアしていただけます。メールにてご相談下さい。

古代より治療や美容に取り入れられてきたローズで日頃の疲れを癒し甘い優美な香りをお楽しみ下さい。

 

 

 

この記事をシェアする