info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

梅雨時のむくみに、カリウムが美味しく取れるスムージー&梅雨をすっきりアロマ活用法

カテゴリー:自宅でハーブ&アロマを楽しもう

梅雨に入り、いっきに湿度がアップしましたね。

今朝は、さっぱりと冷たいグリーンスムージーを作りました。キャベツ2枚と、ゴールデンキウイ1個、中くらいのバナナ1本、ヨーグルト、はちみつ少しと、素材が凍ってなかったので、氷を2個入れました。

梅雨は身体が水分を吸収して、身体の中の水分も滞りやすくなり、むくみやすくなります。余分な水分は身体の疲れにつながります。

カリウムを適宜とるとむくみ防止になります。バナナやキウイに含まれるカリウムは、身体の余分な水分を排出する助けにになります。ビタミンや食物繊維もとれるし、キャベツには胃腸を整える働きがあります。素材だけで言うと一緒に食べるイメージは考えにくいけど、ジュースにするとおいしく、摂れます。葉野菜や果物を組み替えて、スムージーを作っていくと、失敗もあるけど、いろんな発見があって楽しいですよ。

※キウイや、オレンジ、レモンなど柑橘類やセロリやきゅうり…などソラレンと言う成分が多く入っているものがあります。これは摂取後2時間くらいから、紫外線の影響を受けるので、注意も必要です。リンゴやバナナ、スイカ、きゃべつやトマト等は、ソラレンが少ないです。トマトとリンゴのスムージーも美味しいかったですよ。

 

身体の外側から積極的に身体の滞りを無くすには、リンパドレナージュがお勧めです。

全身のアロマオイルトリートメントでリンパに働きかけ余分な水分の排出を促します。植物のめぐみたっぷりのボタニカルアロマトリートメントで是非すっきりして下さいね。

 

サロンは6月15日より営業再開です。再開にあたってのお知らせがあります。どうぞご一読お願いします。→

新型コロナウイルス対策に伴う、サロンの取り組みと大切なお客様へのお願い

 

 

【梅雨とアロマ】

肌が潤って、動物も植物も潤う、恵みの雨。長い雨は、川の淀みや、ほこりや汚れを、静かに洗い流してくれます。梅雨の雨は大事な雨ですよね。

けれど、どっと押し寄せてくるような湿度は身体につきまとい、うっとうしく感じます。

アロマオイルを使って、少しは快適に過ごしたいです。

 

室内で困るのは、湿気やニオイ、カビなどですよね。

アロマオイルには、カビを抑制する抗菌、抗真菌作用のある精油がたくさんあります。

柑橘類に多く含まれるリモネン成分には殺菌作用や、抗ウイルス作用があり、香りも爽やかで使いやすいです。また、ティートリー精油やユーカリ精油、ラベンダー精油もお勧めです。イネ科の植物で柑橘ではないけれどレモングラス精油はレモン様の香りがします。レモングラスのシトラール成分にも抗ウイルス、抗真菌作用が期待できます。好みの香りの精油でリフレッシュして下さいね。

 

<梅雨時のアロマ精油活用法>

1.玄関のニオイ対策に、レモングラスや柑橘系の精油。

玄関は湿気が溜まりやすいので、重曹を置いて、その中にレモングラス精油を垂らします。レモングラス精油は靴の嫌なニオイを抑え、さらに虫が嫌う香りなので、やんわりですが、蚊が入らないように期待を込めて香らせます。また、香りは爽やかなレモン様の香りで、来客時にも対応できます。

 

2、カビを抑制するには、ティーツリー精油、ユーカリ・グロブルス精油、ラベンダー精油などなど。

抗菌、抗真菌作用があり、カビの発生を抑えます。アロマ抗菌スプレーを作っておくと便利です。

掃除の最後に空間にアロマスプレーを香らせたり、抗菌スプレーを布に付けて拭き掃除をしたり、掃除機をかける前に細く切ったティッシュに精油を直接垂らしたものを吸い込んでから、掃除機をかけると部屋に香りが漂います。

 

アロマスプレー1本分50mlの作り方は、スプレー容器に無水エタノール5mlを入れます。そこに精油を10滴程入れ良く混ぜて、さらに水45mlを入れて良く振り混ぜて完成です。

※無水エタノールが手に入らない場合は、水と精油だけでも作れますが、精油は水に溶けませんので、使うたびに良く振ってからスプレーして下さいね。

 

梅雨の時期アロマオイルを活用して、少しでもすっきりして下さいね。

ポットマリーゴールドのハーブオイル作り。ハーブエキスたっぷり。カレンデュラのインフューズドオイルが簡単に作れます。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

6月

先日ハーブオイルを仕込みました。

ハーブオイルとは、植物油にハーブを浸して、ハーブの脂溶性の有効成分をオイルに浸出させたものです。浸出油(インフューズドオイル)とも言います。ハーブエキスがたっぷりのオイルが出来上がります。

ハーブには有効成分が含まれていますが、水に溶けるエキスと、油に溶けるエキスがあります。ハーブティーとして飲むときには、水溶性の成分を頂くことになります。

ハーブは、水溶性と脂溶性で有効成分も変わってきます。(両方の性質をもつものもあります。ややこしいですね)それぞれ何を目的にハーブを使用するかで、抽出方法も変わってきます。(さらに脂溶性、水溶性両方欲しいときは、チンキと言ってアルコールに浸出させます。)

 

 

マリーゴールドの花の名前は有名ですが、ハーブとして有効成分があり活用できるのは、ポットマリーゴールドと言う名前のハーブ(薬草)のマリーゴールドです。カレンデュラとも言います。園芸用のマリーゴールドの花とは全く違いますので育てる時は注意して下さいね。必ず学名を確認してください。

学名【Calendula officinalis・カレンデュラ オフィキナリス】 和名【キンセンカ】 キク科植物です。キク科アレルギーの方は注意が必要です。

officinalisとはラテン語で、薬用の、と言う意味です。

 

 

カレンデュラの脂溶性の有効成分で私が求めているのは、カロチノイド成分の抗炎症作用です。皮膚の炎症を鎮める効能を期待してオイルに浸けこんでいます。皮膚・粘膜の修復、消炎、抗菌作用があり、古くから、皮膚のトラブルに用いられてきたハーブです。

これからの季節、虫刺され用のクリームや、肌のケアクリームを作るのにとても良いオイルが出来ます。

 

今回2種類のカレンデュラオイルを作りました。一つは、たっぷり600ml。カレンデュラ石けん作り用にピュアオリーブオイルでカレンデュラを浸けました。

もう一つは、クリーム作り用に、オーガニックのゴールデンホホバオイルをベースに、マカデミアナッツオイル、サンフラワーオイル、アルガンオイルを入れて作りました。

 

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.8】

≪常温で抽出する冷浸法のインフューズドオイル(ハーブオイル)の作り方。≫

清潔な煮沸した瓶にカレンデュラハーブを入れて、ハーブが浸かるくらいオイルを注ぎ、蓋をして2週間~3週間したらコーヒーフィルターなどで濾して遮光瓶に移し冷暗所に保管します。

※一日一回瓶を振ってハーブとオイルを混ぜます。昔は日の良く当たる窓辺で2週間置くと習いましたが、最近は、日の当たる窓辺に置くとオイルが酸化すると言われていますので、日の直接当たらない場所に置きます。

※ハーブの量ははオイルの5~10%程度がたっぷりエキスが出て良いと思いますが、ハーブによっては、かさが多いものもあったりと作りづらいので、ハーブがかぶる位のオイルの量で作っています。写真は石けん用には、オイルがやや多めですね。

浸けている間もカレンデュラのカロチノイド色素のオレンジ色がとてもきれいです。次回はこのオイルを使ってクリームを作っていきます。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

サロンは只今、休業中です。6月15日から営業再開致します。

再開にあたってはこちらをご覧くださるようお願いします→営業再開のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りローション、美容オイル/ 作り方を変更しました。自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.7 植物の香りを感じるローション&美容オイル。

カテゴリー:お知らせ, 手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

朝晩の洗顔後のケアは、手作りローションと美容オイルを使っています。本物の花や草木の香りを吸って、植物の香りをダイレクトに感じることが出来ます。

私が作っている手作りローションと美容オイルは、とても簡単に作ることが出来て、材料もシンプルです。

以前の記事で、作り方を載せましたが、今回少しレシピを変更します。

*ひとつ前のブログでお知らせしました、AEAJによる、精油の使用法の一部見直しに伴い、ローションの作り方を変更します。

 

保湿の基本は、洗顔後、肌にたっぷりの水分を入れて、その水分が逃げないようにオイルなどで蓋をすることです。

究極は、水をたっぷり入れ込んで、植物オイルで蓋をする!で良いと思いますが、せっかくなので、入れ込む水に少しの保湿と植物の恵み(アロマ精油)を加えます。そして、蓋の役割の植物オイルにも、アロマ精油を入れて美容効果を高めます。選ぶ植物オイルにもこだわります。

市販の美容オイルで、ホホバオイル配合、アルガンオイル配合と書いてあるものがありますが、まさにホホバオイル、アルガンオイル全量でも作れてしまいます。

肌の調子や気分に合わせて植物オイルや精油を変えることで、自分に合ったローションや美容オイルを作り変えていく事ができます。少量ずつ作って使います。

美容オイルは、フェイスのリンパドレナージュをしたり、ボディーケアにも使え、少量手にとって、毛先につけたり、ネイルケアにも使用できます。一つ作っておくと結構便利で、様々使いまわしできますよ。

 

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.7。手作りローション・美容オイルレシピ】

 

<基本のローションの作り方>【→サロンでは、倍量の100mlで作成します。】

(材料)50ml分

・ 50mlスプレー容器

・ 植物油2~4ml (アルガンオイル・マカデミアナッツオイル・ホホバオイル等)

・ 精製水48~46ml 【→サロンでは100mlの半量をフローラルウォーターを使用して作成します。】

・ 精油合計で3~4滴 (ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウム、サンダルウッド、プチグレンなどその他香りや用途に合わせて。ローズなら1~2滴で十分です。実際使ってみて、合計4滴位までの間で調節して下さい。)

(作り方)

1. 容器に植物油、精油を入れて良く混ぜます。

2. 1に精製水を入れて良く混ぜて完成。

※ 2週間ほどで使って下さい。高温を避け、常温保存で使用できます。植物オイルと水は完全に混ざりませんので、ローションの使用の度に良く振り混ぜてから使用して下さい。

※ 植物油でなく、グリセリンを使用する場合は、一度少量の無水エタノールに精油を入れて溶かした後にグリセリンを入れて下さい。

* アレンジ・・・上記の精製水をフローラルウォーターに変えたり、フローラルウォーターと精製水を半々にしたり、植物油の代わりにハーブチンキ(ハーブを度数の高いウォッカなどのアルコールに浸出させたもの)に変えることで、また違った作用も期待できます。

 

<基本の美容オイルの作り方>

(材料)

・ 20ml が入るガラス遮光容器

・ 植物オイル(ホホバオイル、マカデミアナッツオイル、アルガンオイル、ローズヒップオイルなど)20ml

・ 精油2滴(ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウム、サンダルウッド、プチグレンなどその他香りや効能に合わせて)

※ 2~3週間くらいで使って下さい。ローズヒップオイルは酸化しやすいので基本は冷蔵庫管理で使って下さい。またローズヒップオイルは紫外線に弱いので夜のケアに使用して下さい。その他は常温保存で使用できます。ホホバオイルは冷蔵庫に入れないで下さい、寒い場所で固まる性質があります。

※精油は妊娠中は、使用できない時期やおすすめしない精油もあります。上記の内、ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、サンダルウッドは注意が必要です。

いずれも、肌に合わない場合は使用を中止してください。自然の材料を使用していますが、アレルギーが出ないということはありませんのでご自身の責任のもとご使用をお願いいたします。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

材料を揃えられない方は、サロンでもお作りいただけます。メッセージよりご連絡くださいね。


・ローション100ml 1,500円+税(ガラス瓶付き)


・ホホバオイル・アルガンオイル・マカデミアナッツの美容オイル 20ml 2,000円+税(ローズ・ネロリ精油追加料金なしでお選びいただけます。)ガラス瓶付き。


*ローションにローズ、ネロリ精油ご使用の場合、スポイト1滴150円をプラスでお願いします。+税

*ローション・美容オイルセットで所要時間30分位。

*お友達とご一緒でのお申し込みは、小さなサロンですので一回に4名様まで可能でしたが、当面は新型コロナウイルス対策といたしまして、お一人様でのご予約をお願いいたします。

*トリートメント後にお作りの場合はローション美容オイルセットで500円引きでお作りいただけます。

*2回目以降の作成で容器をお持ちいただいた方はそれぞれ300円引きいたします。(ローション容器、美容オイル容器は洗って煮沸してお持ちください)

※ フェイスローション・美容オイル作りのご予約は、3日前までにお願いいたします。トリートメント後にお作りの場合もご予約時または、3日前までにお知らせください。

 

→☆ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

只今、サロンは、5 月一杯は新型コロナウイルス対策として休業しています。以降は様子を見ながら再開のお知らせをさせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.6 植物の恵みでセルフケア。しっとりローズのクレイパックレシピ。

カテゴリー:手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

 

写真のローズはロココと言う品種のバラです。精油が採れる品種のバラではありませんが、無農薬でちゃんと咲いてくれたバラなんです。

 

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.6 植物の恵みでセルフケア。しっとりローズのクレイパック】

日々のお手入れに、クレイパックをプラスしてみませんか。とっても簡単に作れるので、材料さえあれば思い立った時に作ってパックできるんです。パックは特別感があるし、クレイの癒し効果もあり、その上、お肌のくすみがとれて見えたら気分が上がります。

クレイとは、粘土の総称です。泥パックとか一度は聞いたことがあるかもしれません。

肌にたまった老廃物を吸着して流すと言われています。

『今日使うのはモンモリオナイトと言うクレイです。敏感肌の方にはやや強めに感じるかもしれません。初めて使用するなら、ホワイトカオリンの方がマイルドです。(5/29追記)』

 

(材料)1回使い切り量。※作り置きはしないでその都度使い切ってください。

クレイ(モンモリオナイト) 大さじ1/ ローズウォーター 小さじ2/ サンフラワー(ひまわり)オイル 小さじ1

(作り方)

全てを清潔な容器に入れて良く混ぜあわせたら完成。

(使い方)

清潔な乾いた肌に目と口の周りは避けて塗ります。少し乾燥してきたら、ぬるま湯で優しく洗い流します。※決して長く置かないで下さい。長くても5分程度。

パックの後は、ローションをたっぷりつけて乳液やオイルなど普段のように保湿をして整えて下さい。

『※写真ではステンレスの計量スプーンですが、クレイを混ぜる時、金属は使わないで下さいね。紛らわしくてすみません。(5/29追記)』

 

注意:肌に合わない時は、すぐに使用をやめて下さいね。

手作りアロマコスメの基本は自分で作ってご自身の責任の元使うが基本となっています。ご理解いただいた上で、良かったら作ってみて下さい。

 

*今回オイルはサンフラワーオイルを使用しました。お好みの植物オイルで作って下さい。サンフラワーオイルは、ビタミンE、オレイン酸が豊富でしっとりとしたパックが作れます。パック後は肌が明るく感じられて、さっぱりつるつるします。週に1~2回程度でやりすぎないようにして下さいね。

ローズウォーターを使用したので、ほんのりローズの香りを楽しみながら気分よくパックができます。ローズウォーターはローズ精油を作る時に出来る副産物で、ほんのりローズ成分が入った水になります。化粧水の基材に、すばらしく、そのままローションのように使用することもできます。本物のローズの香りを手軽に楽しむことが出来ますよ。

 

 

只今、サロンは新型コロナウイルス感染拡大防止の為、自粛休業中です。

埼玉県は現在緊急事態宣言中ですので、今後の県の決定や様子を見ながら再開を考えて行きたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo5.手軽に石けん作り。粘土遊びみたいな、練り石けんレシピ。

カテゴリー:家庭教育学級, 手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo5.練り石けんレシピ】

家にいても、ちょくちょく手を洗います。一日に何度も使う石けん。楽しく使いたいですよね。手作り石けんなら、色や形、香りを自分で決めて作ることも出来ます。

今回ははちみつ&ハーブティー入りの石けんを作りました。色はクレイを使ってピンクにしました。好きな精油を入れて香りを付けたらオリジナル石けんの出来上がりです。

今回作る練り石けんは作って4~5日したら使うことのできる、作り方も粘土遊びのような、すごく簡単な石けんです。

材料をビニール袋に入れて、揉んで、形を作る、シンプルで簡単な石けんです。

小さなお子さま向けのアロマワークショップでも作ってきたレシピです。(熱湯を扱うのでそこは大人が注意して行います)

 

(材料 小さめの、作りやすい1個分のレシピ )

石けん素地(無香料、無着色の化粧用石けん。) 40g/ 抽出用のハーブ(ドライでもフレッシュでも。ローズマリーやローズなどお好みで) 小さじ2杯くらい/ ローズクレイパウダー 小さじ1/3/ はちみつ 小さじ1/4/ 精油 3~5滴(石けんを顔に使う場合は少なめ3滴で様子を見て下さい。主にお子様が使う場合は精油はもッと少なく2滴位でもいいと思います)/

 

※クレイとは...クレイとは土の粘土質の部分で、鉱物です。泥パックとか、泥洗顔とか聞いたことがあると思いますが、その材料にも使われるもので、土の性質により様々な色があります。今回使用したものは、「カフェ・ド・サボン」さんのローズクレイと言う名前で販売されている商品を使用しました。(コスメティックグレードの商品を使用して下さいね)

※石けん素地は、「生活の木」さんで購入したものです。

(作り方)

1. ハーブに熱湯を注いで濃いハーブティー(抽出液)を作る。ハーブ小さじ2杯に熱湯100cc位。

2. 石けん素地をビニール袋に入れて、1.のハーブティー大さじ1/2強、はちみつ小さじ1/4を入れる。(ハーブティーは冷めると石けんとなじみにくいので、やけどしない程度のお湯の段階でいれて下さい)

3. 袋のの中でよく混ぜ、精油、ローズクレイパウダー小さじ1/3を入れてさらに揉みこむ。ローズクレイパウダーは良く混ぜればピンクに、少し混ぜてマーブルになど楽しんで下さい。

4. よく混ざったら、好きな形にする。

5. 4~5日ほど影干しして完成。

※乾燥させずにビニールなどで密閉しているとカビが生えやすいので、風通しの良い場所で乾燥させてください。オーブンペーパーなどの上に置いて乾燥させると良いです。

※できてすぐでも使うことはできますが、割れやすい気がします。4~5日くらい飾りながら乾燥させてから使って下さい。

※はちみつを使用しているので1歳未満のお子様には使用はしないでください。はちみつは入れなくても抽出液(お湯)だけでも作れます。

※お肌に合わない場合はご使用をおやめください。

*色付けのクレイは入れなくても作れます。白い石けんに、マリーゴールドなど色とりどりのドライハーブをのせたり、混ぜ込んだりして楽しんでもよいです。作り方3でドライハーブを混ぜ込むと、石けんを使いすすめると、中に入れたハーブが出てきますがそんなに気にならないですよ。

*上のレシピのものは、手だけでなく、顔や身体にも使えますが、手作り化粧品はご自身の責任のもとにお使いください。

 

 

 

手作り石けんは、他にMPソープと言って、湯煎や電子レンジで溶かして固める簡単石けんや、CPソープと言ってオイルに苛性ソーダを入れて作る本格的なものなどあります。CPソープは、コールドプロセス製法ソープと言います。こちらは、まるでお菓子を作っているかのように、ボールや泡だて器を使って作ります。少し大変ですが、とても楽しいですよ。

毎日手や身体を洗う石けん、買ったものでも手作りでも、使う時にちょっと気持ちが上がるような石けんがあるといいですよね。