info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

6/15に営業再開しました。ご来店のお客様。トリートメント後の感想。

カテゴリー:お客様の声, サロンで使用しているものについて, 精油について

 

サロンは、今月6月15日より営業を再開しました。

昨年末に初めてお越しいただいたお客様。その後、新型コロナウイルスの影響もあり、再開を待っていて下さり、ご来店いただきました。待っていてくださったお客様がいらしたこと、本当にうれしいです。

アロマフェイシャルトリートメント付きの90分コースで全身をくまなく、アロマオイルトリートメントさせていただきました。

私も、お客様にトリートメントができることですごく癒されました。

【お客様の感想】

入間市 30代のお客様

すごくリラックスできてよかったです。

悩みに対して色々アドバイス頂いたので家でホームケアしてみようと思います。

 

感想を書いて下さりありがとうございます!

トリートメント中、うとうとや、ぐっすりされてリラックスいただけていると思うと、嬉しいです。時々お声がけし、お伝えしたいことなどお話ししています。

身体やお顔がすっきりすると、とても気持ちがいいです。リンパの流し方など、方向やこつがありお伝えしています。ご自宅でも楽しみながらやってみて下さいね。

 

 

 

休業の間に精油やオイルを買い替えてリフレッシュしています。

 

精油は20種類のオーガニック精油をご用意しています。香りを選ぶ時間も楽しいひと時です。足湯に浸かっていただきながら、ゆっくり決めていきますね。体調や、心の変化によっても精油の好みが変わってきたりします。その日の気分に合わせて、ぴったりのブレンドを一緒に作っていきます。

足湯は、しゅわしゅわの炭酸浴、ヒマラヤ岩塩浴で温まっていただきます。すごく気持ちがいいですね~と皆さん言われます。

足を温めると身体全体のめぐりも良くなりますよ。ご自宅では手浴も気軽でおすすめです。

 

ウエルカムティーとアフターティーは只今は、オーガニックルイボスティーのペットボトルをご用意しています。冷たいものと常温がありますので当日お好きなほうをお渡しします。

トリートメント前の水分補給やトリートメント後にお召し上がりくださいね。

 

新型コロナウイルス感染予防対策をしっかりしながら、トリートメントしていきます。

サロンの取り組みとお客様へのお願いはこちらです。是非一度ご覧になってくださいね。→営業再開のお知らせと大切なお客様へのお願い

 

 

 

オーガニックの植物めぐみで、オールハンドの全身ボタニカルリラクゼーショントリートメント。

カテゴリー:サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物, 精油について

 

サロンは、6月15日より営業再開の予定です。営業再開にあたってのお知らせはこちらを一度見てくださるようお願いします。→営業再開のお知らせと大切なお客様へのお願いです。

3月末より長くお休みをしていたので、営業再開に向けてオイルや精油の準備をしています。

精油は開封後1年、柑橘系の精油は半年までに使用するのが望ましいとされています。過ぎてしまったものは、自分で急いで使いますが体には使用しません。植物の大切な恵みなので、無駄にはしたくないですよね。あまりたくさんの精油は常備出来ないのですが、メジャーなオーガニック精油から、ちょっと気になったオーガニック精油を20種類ご用意しています。

植物オイルは、おすすめの2種類。酸化しにくいオイルのオーガニックゴールデンホホバオイルと、オーガニックのマカデミアナッツオイルを常備しています。このオイルはフェイスケアやボディーケアに私自身、毎日使います。ハーブオイルの浸出油や、クリームを作るときにも使用しています。時間が経つとオイルは酸化してしまいます。ニオイがおかしくなっています。体にも害なので、酸化する前に、早めに使います。

 

 

今、ラベンダーの花盛りですね。個人的に一番使う精油は、ラベンダー精油です。真正ラベンダーと言う、ラベンダーです。香りも好きですが、その効能は素晴らしくて、抗菌、抗ウイルス、抗真菌、抗炎症、鎮痛、鎮静、血圧降下作用などがあります。

私は軽い火傷や打ち身、虫刺されなどにオイルに混ぜて使っています。(※精油は薬ではありません。使用される時は、ご自身の責任のもとで、お使い下さいね。)

手作り化粧水に入れるのもラベンダーが一番多いです。心と肌を健やかにします。青紫色の涼しげな花で、肌が整っていくんですよ。使うたびに心もすっきりします。夏に向けて、太陽で、ほてった肌を鎮めるのにもラベンダーで作るラベンダーローションは必需品です。

 

ラベンダーは種類がたくさんありますが、学名はlavendulaで始まります。このラバンデュラは、ラテン語の(lavo洗う)(lividus青みががった)が語源の一つと言われています。

サロンで使用しているラベンダーは【学名lavandula angustifolia アングスティフォリア】です。

体や心に知らずと溜まったものを、すっきり洗い流し、傷までも癒してくれる、そんなイメージのラベンダーです。

 

精油は香りの好みが大事ですが、精油の由来や、植物の色や形を思い描いて選んでみるのも楽しいです。

オーガニックの植物からとれた精油とオイルのみを使用して、オールハンドでの全身トリートメントをしていきます。

心や身体に要らないものを洗い流して、すっきりしてください。

 

 

 

AEAJ精油の使用法の一部見直しについて、サロンでもお知らせを致します。

カテゴリー:お知らせ, 精油について

私が所属しているAEAJ。(日本アロマ環境協会)では精油の使用法の一部見直しがありました。

今回AEAJが発行している機関誌に掲載されていた内容をお知らせします。機関誌は2020/03/25号のものです。少し遅いタイミングですみません。情報として目を通していただけたらと思います。

これまでに、私が講座やワークショップでお伝えしてきた精油の扱い方にも変更がありましたのでお知らせします。

ただ、今までの精油の使用方法でトラブルがあったと私が直接聞いたことはなく、また自分自身が10年以上同じように使用してきた中でもトラブルはありませんでした。しかし、より安全に精油を使用するうえで、見直しがありましたので、今わかる範囲でお知らせします。

 


≪精油使用法の変更点4点

 

1. 沐浴法 (変更前)精油原液を浴槽または洗面器などの湯に直接入れる  (変更後)5ml程度の無水エタノールに混ぜた精油を、浴槽または洗面器などの湯に入れる

※精油は水に溶けにくいため、今回、無水エタノールに混ぜてからであれば、水に入れても分離しないことを確認済み(テルペン類の含有量が多い精油など、一部例外あり)

 

2. 入浴剤 (変更前)精油原液を天然塩や重曹に混ぜ、浴槽に入れる  (変更後)5ml程度の無水エタノールに混ぜた精油を、天然塩や重曹にスプレーなどで吹きかけ、すぐに浴槽に入れる。

※沐浴法同様時間が経つと無水エタノールが揮発して精油原液のみが残る場合があるため、作成後すぐに使用する

 

3. 手作りコスメ  (変更前)水溶性基材に精油を加える際、エタノールまたはグリセリンに精油を溶かして混ぜ合わせる  (変更後)水溶性基材に精油を加える際は、無水エタノールに混ぜた精油を、加える

※グリセリンに溶けない精油があることが確認されたため。

 

4. パッチテスト (変更前)肌に精油を使用する際は、事前にパッチテストを行う  (変更後)肌に精油を使用する際は、低い濃度で試してから使う

※医療機関で行うパッチテストを個人で再現するのは現実的でないためまた、長時間精油が肌に接触することで、アレルギーなどを引き起こす可能性もあるため

 

 

以上AEAJ機関誌No.95より一部抜粋しました。2020/03/25号より


 

 

アロマテラピーを楽しく取り入れるためにも、上記の変更を踏まえて、より安全に行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

心に作用する香り。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, 精油について

 

先日の大型台風の影響は、大丈夫でしたか。この辺りは、入間川の増水が怖かったです。一部川の水が流れ出てしまった場所や、土砂崩れもありました。被害にあわれた方は本当に辛い事だと思います。日に日に、心身ともに疲れが出てくると思いますので、どうかお身体お大事にしてください。

早く元の生活に戻り、ゆっくりお風呂に入れることを祈っています。

 

今回の台風で、久々にそわそわした気持ちになりました。前回の台風で、折れてしまったバラのアーチを飛ばないように固定したり、植木鉢をしまったり、停電が来たらどうしようと、昼過ぎにお風呂を作ったり、ごはんを焚いたりしていたら、だんだんメンタルがやられてしまいました。

自分はこんなに弱かったっけと、お風呂に精油(アロマオイル)のジャスミンとサンダルウッドを入れて、ゆっくり湯船に浸かったら少し落ち着きました。

精油が無くても、湯船にゆっくり浸かると、安心しますが、香りにとても癒されました。アロマテラピー(香り療法)とはよく言ったものです。

 

精油とは植物の香り成分が凝縮されたものです。

この香り成分の中にこそ、薬効があります。

例えば、植物の葉や幹が傷ついた時に、細菌などが入って腐らないようにするため、自らを守るため殺菌作用、抗菌作用、抗炎症作用などを香りの中に備えています。

例えば、自分の外敵が現れた時に寄せ付けない、忌避作用があります。

これらの香り成分を、われわれ人間が使わせてもらい、自然治癒力を高めたり、健康の維持増進に役立てたりすることを、アロマテラピーと呼んでいます。(治療が目的ではありません。)

 

ジャスミンの香りは、とても濃厚で甘い香りです。香りの好みは分かれますが、少量での使用で、不安な気持ちを和らげて、心にゆとりを与えます。美容にもお勧めの精油で、肌を柔らかくし、潤いを与えるので、乾燥するこれからの季節にもいいですね。生理痛にまで作用してくれますよ。痛いときに、オイルに希釈して下腹部や背中を優しくオイルトリートメントするのもいいです。

 

サンダルウッドの香りは、ほのかに甘みのあるウッディーな香りです。鎮静作用があり、緊張や不安を和らげて、神経の興奮を落ち着かせてくれます。スキンケアとしては、肌を柔らかくし、皮脂のバランスを整え、乾燥から守ってくれます。年齢を重ねた肌に嬉しい精油です。また、呼吸器系の炎症をしずめてくれます。

 

精油は、身体だけでなく、心に大きく作用します。気持ちを鎮めるばかりでなく、温かい気持ちに、明るい気持ちにと、心のバランスをとってくれる香りがたくさんあります。

「今の気持ち」に寄り添う香りが近くにあるといいですね。

 

 

 

 

 

梅雨どきのアロマ(香り)活用法。

カテゴリー:精油について

梅雨に入り、雨の降る日が増えましたね。

小さな頃から何度も経験している梅雨ですが、慣れないですね。

せめても、雨用の靴と新しい傘でしのぎます。

 

室内で困るのは、湿気やニオイ、カビ、毎日の洗濯物でしょうか。

アロマオイルには、カビを抑制する抗菌、抗真菌作用のある精油があります。

<梅雨時のアロマ精油活用法>

1.玄関のニオイ対策には、レモングラス精油。

玄関は湿気が溜まりやすいので、重曹を置いて、その中にレモングラス精油を垂らします。レモングラス精油は靴の嫌なニオイを抑え、さらに虫が嫌う香りなので、やんわりですが、蚊が入らないように期待を込めて香らせます。また、香りは爽やかなレモン様の香りで、来客時にも対応できます。

 

2、カビを抑制するには、ティーツリー精油、ユーカリ・グロブルス精油、ラベンダー精油などなど。

抗菌、抗真菌作用があり、カビの発生を抑えます。アロマ抗菌スプレーを作っておくと便利です。

掃除の最後にスプレーしたり、抗菌スプレーを布に付けて拭き掃除をしたり、これらの精油を、水拭きのバケツに入れたり(2~3滴)、香りが好きな方は、掃除機をかける前に細く切ったティッシュに精油を直接垂らしたものを吸い込んでから、掃除機をかけると部屋に香りが漂います。

 

(作り方)アロマスプレー1本分50ml

①スプレー容器に無水エタノール5mlを入れます。②1、に精油を10滴入れ良く混ぜます。③2、に水45mlを入れてさらに良く振り混ぜて完成。

 

3、外干し出来ない洗濯物は乾燥機を使いたいですが、乾燥機が使えない衣類では部屋干時、雑菌やニオイが気になることがあります。

洗濯のすすぎの時に、精油を2~3滴垂らしたり、干した洗濯物にアロマ抗菌スプレーをかけ予防します。

※衣類によってはシミになることがあるかもしれませんので、ご注意され、ご自身の責任のもとお願いします。

 

以前香り目的でアロマ精油とクエン酸で柔軟剤を作って使用していたこともありますが、精油をかなり使うのでコスト的に続きませんでした。すすぎ時に2~3滴では、洗いあがった後まで香りは残りませんが、多少の抗菌は期待できます。

*1~3の活用法は、上の精油をベースに、その他加えるときは、レモンやミントなどの抗菌系の精油やゼラニウム、オレンジ、ベルガモットなども爽やかでお勧めです。好きな香りをブレンドして楽しんで下さい。

この機会に余っている精油はどんどん使ってみてください。※柑橘系の精油は開封後6か月をめどに使用してください。その他の精油は開封後1年をめどに使用してくださいね。※柑橘系の精油は特に衣類にスプレーする時はシミにならないか衣類の目立たない場所で確認してご使用ください。

 

余談ですが、

*洗濯物は、溜まらないうちにどんどん洗って、乾燥機に入れられるものは入れてしまいます。少ない方が、しわにならずに早く乾くのでストレスになりません。洗濯機のホコリやごみは、毎回とって、時々塩素系漂白剤で洗濯槽洗浄をしています。雑菌予防にもなります。

梅雨時は湿気が多く、ニオイに敏感です。良い香りには癒し効果があるので、うっとうしい気分を払ってくれます。

最近話題に出るのが、市販の洗濯柔軟剤の香害です。

天然のアロマオイルの香りが好きな方は、市販の洗濯柔軟剤の香りが苦手な方が多いと思います。香りがきつく感じます。

私も、苦手でずっと使用していなかったのですが、またダメもとでと購入してみたランドリンの柔軟剤クラシックフィオーレが意外とよかったです。

ライチ・カシス・リーフィー・ローズ・ジャスミンミュゲ・ゼラニウム・ムスク・シダー・パチョリが入ってます。

アロマ精油で馴染のある香りが入っているからなのか、大丈夫でした。使うときは規定量の1/4くらいしか入れませんので、洗いあがった洗濯物はほのか~に香るか、分からない程度です。

ただ、洗っている最中少し良い香りがするので入れています。(※サロンのトリートメント用タオルには使用していません。洗剤も無香料です。ご安心下さい。)

 

天然の香料がいいのだとは思いますが、自分が気に入った香りであれば、癒しになり、ストレス軽減になりますので、いろいろ試して快適に過ごしてください。