info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

手作りローション、美容オイル/ 作り方を変更しました。自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.7 植物の香りを感じるローション&美容オイル。

カテゴリー:お知らせ, 手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

朝晩の洗顔後のケアは、手作りローションと美容オイルを使っています。本物の花や草木の香りを吸って、植物の香りをダイレクトに感じることが出来ます。

私が作っている手作りローションと美容オイルは、とても簡単に作ることが出来て、材料もシンプルです。

以前の記事で、作り方を載せましたが、今回少しレシピを変更します。

*ひとつ前のブログでお知らせしました、AEAJによる、精油の使用法の一部見直しに伴い、ローションの作り方を変更します。

 

保湿の基本は、洗顔後、肌にたっぷりの水分を入れて、その水分が逃げないようにオイルなどで蓋をすることです。

究極は、水をたっぷり入れ込んで、植物オイルで蓋をする!で良いと思いますが、せっかくなので、入れ込む水に少しの保湿と植物の恵み(アロマ精油)を加えます。そして、蓋の役割の植物オイルにも、アロマ精油を入れて美容効果を高めます。選ぶ植物オイルにもこだわります。

市販の美容オイルで、ホホバオイル配合、アルガンオイル配合と書いてあるものがありますが、まさにホホバオイル、アルガンオイル全量でも作れてしまいます。

肌の調子や気分に合わせて植物オイルや精油を変えることで、自分に合ったローションや美容オイルを作り変えていく事ができます。少量ずつ作って使います。

美容オイルは、フェイスのリンパドレナージュをしたり、ボディーケアにも使え、少量手にとって、毛先につけたり、ネイルケアにも使用できます。一つ作っておくと結構便利で、様々使いまわしできますよ。

 

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.7。手作りローション・美容オイルレシピ】

 

<基本のローションの作り方>【→サロンでは、倍量の100mlで作成します。】

(材料)50ml分

・ 50mlスプレー容器

・ 植物油2~4ml (アルガンオイル・マカデミアナッツオイル・ホホバオイル等)

・ 精製水48~46ml 【→サロンでは100mlの半量をフローラルウォーターを使用して作成します。】

・ 精油合計で3~4滴 (ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウム、サンダルウッド、プチグレンなどその他香りや用途に合わせて。ローズなら1~2滴で十分です。実際使ってみて、合計4滴位までの間で調節して下さい。)

(作り方)

1. 容器に植物油、精油を入れて良く混ぜます。

2. 1に精製水を入れて良く混ぜて完成。

※ 2週間ほどで使って下さい。高温を避け、常温保存で使用できます。植物オイルと水は完全に混ざりませんので、ローションの使用の度に良く振り混ぜてから使用して下さい。

※ 植物油でなく、グリセリンを使用する場合は、一度少量の無水エタノールに精油を入れて溶かした後にグリセリンを入れて下さい。

* アレンジ・・・上記の精製水をフローラルウォーターに変えたり、フローラルウォーターと精製水を半々にしたり、植物油の代わりにハーブチンキ(ハーブを度数の高いウォッカなどのアルコールに浸出させたもの)に変えることで、また違った作用も期待できます。

 

<基本の美容オイルの作り方>

(材料)

・ 20ml が入るガラス遮光容器

・ 植物オイル(ホホバオイル、マカデミアナッツオイル、アルガンオイル、ローズヒップオイルなど)20ml

・ 精油2滴(ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウム、サンダルウッド、プチグレンなどその他香りや効能に合わせて)

※ 2~3週間くらいで使って下さい。ローズヒップオイルは酸化しやすいので基本は冷蔵庫管理で使って下さい。またローズヒップオイルは紫外線に弱いので夜のケアに使用して下さい。その他は常温保存で使用できます。ホホバオイルは冷蔵庫に入れないで下さい、寒い場所で固まる性質があります。

※精油は妊娠中は、使用できない時期やおすすめしない精油もあります。上記の内、ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、サンダルウッドは注意が必要です。

いずれも、肌に合わない場合は使用を中止してください。自然の材料を使用していますが、アレルギーが出ないということはありませんのでご自身の責任のもとご使用をお願いいたします。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

材料を揃えられない方は、サロンでもお作りいただけます。メッセージよりご連絡くださいね。


・ローション100ml 1,500円+税(ガラス瓶付き)


・ホホバオイル・アルガンオイル・マカデミアナッツの美容オイル 20ml 2,000円+税(ローズ・ネロリ精油追加料金なしでお選びいただけます。)ガラス瓶付き。


*ローションにローズ、ネロリ精油ご使用の場合、スポイト1滴150円をプラスでお願いします。+税

*ローション・美容オイルセットで所要時間30分位。

*お友達とご一緒でのお申し込みは、小さなサロンですので一回に4名様まで可能でしたが、当面は新型コロナウイルス対策といたしまして、お一人様でのご予約をお願いいたします。

*トリートメント後にお作りの場合はローション美容オイルセットで500円引きでお作りいただけます。

*2回目以降の作成で容器をお持ちいただいた方はそれぞれ300円引きいたします。(ローション容器、美容オイル容器は洗って煮沸してお持ちください)

※ フェイスローション・美容オイル作りのご予約は、3日前までにお願いいたします。トリートメント後にお作りの場合もご予約時または、3日前までにお知らせください。

 

→☆ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

只今、サロンは、5 月一杯は新型コロナウイルス対策として休業しています。以降は様子を見ながら再開のお知らせをさせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.6 植物の恵みでセルフケア。しっとりローズのクレイパックレシピ。

カテゴリー:手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

 

写真のローズはロココと言う品種のバラです。精油が採れる品種のバラではありませんが、無農薬でちゃんと咲いてくれたバラなんです。

 

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.6 植物の恵みでセルフケア。しっとりローズのクレイパック】

日々のお手入れに、クレイパックをプラスしてみませんか。とっても簡単に作れるので、材料さえあれば思い立った時に作ってパックできるんです。パックは特別感があるし、クレイの癒し効果もあり、その上、お肌のくすみがとれて見えたら気分が上がります。

クレイとは、粘土の総称です。泥パックとか一度は聞いたことがあるかもしれません。

肌にたまった老廃物を吸着して流すと言われています。

『今日使うのはモンモリオナイトと言うクレイです。敏感肌の方にはやや強めに感じるかもしれません。初めて使用するなら、ホワイトカオリンの方がマイルドです。(5/29追記)』

 

(材料)1回使い切り量。※作り置きはしないでその都度使い切ってください。

クレイ(モンモリオナイト) 大さじ1/ ローズウォーター 小さじ2/ サンフラワー(ひまわり)オイル 小さじ1

(作り方)

全てを清潔な容器に入れて良く混ぜあわせたら完成。

(使い方)

清潔な乾いた肌に目と口の周りは避けて塗ります。少し乾燥してきたら、ぬるま湯で優しく洗い流します。※決して長く置かないで下さい。長くても5分程度。

パックの後は、ローションをたっぷりつけて乳液やオイルなど普段のように保湿をして整えて下さい。

『※写真ではステンレスの計量スプーンですが、クレイを混ぜる時、金属は使わないで下さいね。紛らわしくてすみません。(5/29追記)』

 

注意:肌に合わない時は、すぐに使用をやめて下さいね。

手作りアロマコスメの基本は自分で作ってご自身の責任の元使うが基本となっています。ご理解いただいた上で、良かったら作ってみて下さい。

 

*今回オイルはサンフラワーオイルを使用しました。お好みの植物オイルで作って下さい。サンフラワーオイルは、ビタミンE、オレイン酸が豊富でしっとりとしたパックが作れます。パック後は肌が明るく感じられて、さっぱりつるつるします。週に1~2回程度でやりすぎないようにして下さいね。

ローズウォーターを使用したので、ほんのりローズの香りを楽しみながら気分よくパックができます。ローズウォーターはローズ精油を作る時に出来る副産物で、ほんのりローズ成分が入った水になります。化粧水の基材に、すばらしく、そのままローションのように使用することもできます。本物のローズの香りを手軽に楽しむことが出来ますよ。

 

 

只今、サロンは新型コロナウイルス感染拡大防止の為、自粛休業中です。

埼玉県は現在緊急事態宣言中ですので、今後の県の決定や様子を見ながら再開を考えて行きたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo5.手軽に石けん作り。粘土遊びみたいな、練り石けんレシピ。

カテゴリー:家庭教育学級, 手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo5.練り石けんレシピ】

家にいても、ちょくちょく手を洗います。一日に何度も使う石けん。楽しく使いたいですよね。手作り石けんなら、色や形、香りを自分で決めて作ることも出来ます。

今回ははちみつ&ハーブティー入りの石けんを作りました。色はクレイを使ってピンクにしました。好きな精油を入れて香りを付けたらオリジナル石けんの出来上がりです。

今回作る練り石けんは作って4~5日したら使うことのできる、作り方も粘土遊びのような、すごく簡単な石けんです。

材料をビニール袋に入れて、揉んで、形を作る、シンプルで簡単な石けんです。

小さなお子さま向けのアロマワークショップでも作ってきたレシピです。(熱湯を扱うのでそこは大人が注意して行います)

 

(材料 小さめの、作りやすい1個分のレシピ )

石けん素地(無香料、無着色の化粧用石けん。) 40g/ 抽出用のハーブ(ドライでもフレッシュでも。ローズマリーやローズなどお好みで) 小さじ2杯くらい/ ローズクレイパウダー 小さじ1/3/ はちみつ 小さじ1/4/ 精油 3~5滴(石けんを顔に使う場合は少なめ3滴で様子を見て下さい。主にお子様が使う場合は精油はもッと少なく2滴位でもいいと思います)/

 

※クレイとは...クレイとは土の粘土質の部分で、鉱物です。泥パックとか、泥洗顔とか聞いたことがあると思いますが、その材料にも使われるもので、土の性質により様々な色があります。今回使用したものは、「カフェ・ド・サボン」さんのローズクレイと言う名前で販売されている商品を使用しました。(コスメティックグレードの商品を使用して下さいね)

※石けん素地は、「生活の木」さんで購入したものです。

(作り方)

1. ハーブに熱湯を注いで濃いハーブティー(抽出液)を作る。ハーブ小さじ2杯に熱湯100cc位。

2. 石けん素地をビニール袋に入れて、1.のハーブティー大さじ1/2強、はちみつ小さじ1/4を入れる。(ハーブティーは冷めると石けんとなじみにくいので、やけどしない程度のお湯の段階でいれて下さい)

3. 袋のの中でよく混ぜ、精油、ローズクレイパウダー小さじ1/3を入れてさらに揉みこむ。ローズクレイパウダーは良く混ぜればピンクに、少し混ぜてマーブルになど楽しんで下さい。

4. よく混ざったら、好きな形にする。

5. 4~5日ほど影干しして完成。

※乾燥させずにビニールなどで密閉しているとカビが生えやすいので、風通しの良い場所で乾燥させてください。オーブンペーパーなどの上に置いて乾燥させると良いです。

※できてすぐでも使うことはできますが、割れやすい気がします。4~5日くらい飾りながら乾燥させてから使って下さい。

※はちみつを使用しているので1歳未満のお子様には使用はしないでください。はちみつは入れなくても抽出液(お湯)だけでも作れます。

※お肌に合わない場合はご使用をおやめください。

*色付けのクレイは入れなくても作れます。白い石けんに、マリーゴールドなど色とりどりのドライハーブをのせたり、混ぜ込んだりして楽しんでもよいです。作り方3でドライハーブを混ぜ込むと、石けんを使いすすめると、中に入れたハーブが出てきますがそんなに気にならないですよ。

*上のレシピのものは、手だけでなく、顔や身体にも使えますが、手作り化粧品はご自身の責任のもとにお使いください。

 

 

 

手作り石けんは、他にMPソープと言って、湯煎や電子レンジで溶かして固める簡単石けんや、CPソープと言ってオイルに苛性ソーダを入れて作る本格的なものなどあります。CPソープは、コールドプロセス製法ソープと言います。こちらは、まるでお菓子を作っているかのように、ボールや泡だて器を使って作ります。少し大変ですが、とても楽しいですよ。

毎日手や身体を洗う石けん、買ったものでも手作りでも、使う時にちょっと気持ちが上がるような石けんがあるといいですよね。

 

 

 

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo4. ボディーバターレシピ。

カテゴリー:家庭教育学級, 手作りアロマコスメ, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

  

自宅でハーブ&アロマを楽しもう!4つ目は、ボディーバターのレシピです。

今はインターネットで材料を購入するのも、なかなか配送など大変そうですが、もし材料が手に入ったら作ってみて下さい!

こちらのレシピは以前行った、小学校の家庭教育学級用に作ったレシピで、12mlケース1個分のレシピです。ちょうどピッタリ入ります。

上の写真ような繰り出しの型がなくても、シリコン型などに流し入れて作れば、使い切りのかわいいサイズで作ることも出来ますので、12ミリだと少ないので量を倍にしたりして、いろいろアレンジして楽しんで下さいね。

 

【ボディーバターを作ろう!】

ボディーバターとは、ボディーの保湿をするためのものです。だんだん季節が温かくなると、バターは少々重いテクスチャーに感じるかもしれませんが、膝や踵(かかと)などすぐに、硬くなってしまうような場所に部分的に使うととても良いです。お風呂上りに、セルフケアをする時間は心の鎮静をもたらします。忙しい日々の中、自分時間を作り出すのは難しい時でも、手軽にケアできるアイテムをもっていると心強いです。

今回使用するのは、カカオバターです。ほんのり甘いチョコレートの香りが楽しめます。作るのが大変で…と言う方は、カカオバターそのものをボディーバターとしても使えます。そのままでは固いですが、体温で溶けるので身体が温まったお風呂上りに使ってみて下さい。

 

   

写真の、黒っぽいハーブが紫根です。

(材料)12mlケース1個分

カカオバター 4.5g/ ムルムルバター 2.5g/ マカデミアナッツオイル 3g/ ミツロウ 2.5g/ 紫根 4粒位(お好みで)/ 12mlスティックケース1個(生活の木のケース使用。)

※紫根を入れたら、ほんのりとピンク色のクリームが出来ます。入れなくても作れますよ。

(作り方)

1. 耐熱の容器にすべての材料を入れて湯煎にかける。(※材料の紫根を入れた時は20分。入れない時は、材料が解ければOK。5分位で溶けます。)

2. 1を湯煎から外し、混ぜ棒で混ぜる。紫根を入れた場合は取り除くか、紫根がケースに入らないように、1.をケースに一気に流し入れる。

3. 固まったら蓋をし、日付のラベルを貼って完成。

 

*ケースが無い場合は、シリコン型に入れて固めてもOK。好みの量で作ってみて下さい。

<使い方と注意>

スティックケースから5㎜ほど出し、清潔な肌に直接塗ります。塗った後、手の平で温めながらマッサージするのもお勧めです。

肌に合わない場合は使用を中止して下さい。一か月位で使い切ってください。手作りアロマクラフトはご自身の責任のもとご使用ください。

人肌の温度で溶けだします。置き場所には注意して下さい。

暑い季節には使用できないレシピです。

 

 

~紫根について~

紫根(シコン)は「ムラサキ草」と呼ばれる植物の根。古くは源氏物語や万葉集にも出てくる植物。高貴な色である紫の原料であった。解毒、殺菌作用により肌のトラブルを改善し、血行を促し、シミやくすみの改善効果に期待する。オイルに入れることできれいな色が楽しめる。漢方の紫雲膏(火傷や外傷に効果)に使われている。

 

今回紫根はボディーバターをピンク色にするために入れました。紫根を湯煎にかけなくても、紫根オイルは手軽に作れます。あらかじめ上の材料の常温のマカデミアナッツオイルに紫根を2週間位浸けて冷暗所で保管するだけで作れます。

 

カカオが香るボディーバターのレシピでした。

何か分からない点、ご質問があれば、お気軽にご連絡ください。→☆こちらご予約・お問い合わせページより

分かる範囲でお答えさせていただきますね。

 

 

*只今、サロンは新型コロナの影響により、一時休業中です。

 

 

 

化粧水と美容オイルをアロマで手作り。ご希望の方30分でお作りいただけます。

カテゴリー:お知らせ, 手作りアロマコスメ

毎日使う化粧水や、美容オイルは自分で作ったものを使っています。

とても簡単に作ることが出来て、材料もシンプルです。

保湿の基本は、洗顔後、肌にたっぷりの水分を入れて、その水分が逃げないようにオイルなどで蓋をすることです。

究極は、水をたっぷり入れ込んで、植物オイルで蓋をする!ですが、せっかくなので、入れ込む水に少しの保湿と植物の恵み(アロマ精油)を加えます。そして、蓋の役割の植物オイルにも、アロマ精油を入れて美容効果を高めます。選ぶ植物オイルにもこだわります。

市販の美容オイルで、ホホバオイル配合、アルガンオイル配合と書いてあるものがありますが、まさにホホバオイル、アルガンオイル全量でも作れてしまいます。上質なオイルや植物の香りをダイレクトに感じることが出来ます。朝起きて付けるローションの香りは、本物の花や草木の香りを吸い込みたいですよね。

肌の調子や気分に合わせて植物オイルや精油を変えることで、自分に合ったローションや美容オイルを作り変えていく事ができます。少量ずつ作っています。

美容オイルは、フェイスのリンパドレナージュをしたり、ボディーケアにも使え、少量手にとって、毛先につけたり、ネイルケアにも使用できます。一つ作っておくと結構便利で、様々使いまわしできますよ。

 

私がアロマテラピーで初めて作ったクラフトは、アロマスプレーでした。それから、いろいろな物を手作りしてきました。自分の目で見える材料を使って、身近な物を作れることが楽しかったんです。

アロマコスメでは、メイク落とし、洗顔石鹸、化粧水、乳液、クリーム、美容液、日焼け止め、BBクリーム、ファンデーション、コンシーラー、チーク、アイシャドウ、口紅、グロスなどなどを作りました。マスカラとアイブロウは作れませんでした。

一月に一度、友人とアロマのワークショップを開催していたので、アロマコスメやアロマクラフトなど様々な物を作って楽しみました。

作るものが複雑になってくると、材料をそろえるのが少し大変です。

今は、アロマトリートメントや炭酸足浴に必要で常備してある材料の中から、日々のお手入れ用にフェイスローションとフェイスオイルだけは欠かさず作っています!

 

とても簡単に作ることが出来ますのでご紹介します。

<基本のローションの作り方>→サロンでは、倍量の100mlで作成します。

(材料)

・50mlスプレー容器(アルコール対応でなくても大丈夫です。希釈しますので)

・ グリセリン3~5ml 【→植物油(アルガンオイル・マカデミアナッツオイル・ホホバオイル等)に変更しました。(20/05/20/追記)】

・ 精製水45~47ml 【→サロンでは100ml全量の半量をフローラルウォーターを使用して作成します。(20/05/20追記)】

・ 精油3~5滴 (ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウム、サンダルウッド、プチグレンなどその他香りや用途に合わせて。ラベンダー以外は3滴までがおすすめです。)

(作り方)

1. 容器にグリセリン、精油を入れて良く混ぜます。

2. 1に精製水を入れて良く混ぜて完成。

※ 2週間ほどで使って下さい。高温を避け、常温保存で使用できます。

* アレンジ・・・上記の精製水をフローラルウォーターに変えたり、フローラルウォーターと精製水を半々にしたり、グリセリンの代わりにハーブチンキ(ハーブを度数の高いウォッカなどのアルコールに浸出させたもの)に変えることで、また違った作用も期待できます。

【※AEAJ日本アロマ環境協会 により、精油の扱い方に少し変更がありましたので、ローション作りも少し変更いたします。基材であるグリセリンに精油がしっかりとけきらないことがあることから、精油を使用するときは、アルコールで一度希釈したものを使うようにと、ありました。少量のアルコールで精油を希釈してから、グリセリンを加えるか、初めからグリセリンは使用せずに、植物オイルに精油を希釈するかのどちらかにいたします。ただ、植物オイルを入れた時には、水とは完全に混ざりませんので、ローションの使用の度に一度しっかり振り混ぜてから、使用するようにご案内いたします。(20/05/20 追記)】

 

<基本の美容オイルの作り方>

(材料)

・ 20ml が入るガラス遮光容器

・ 植物オイル(ホホバオイル、マカデミアナッツオイル、アルガンオイル、ローズヒップオイルなど)20ml

・ 精油2滴(ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウム、サンダルウッド、プチグレンなどその他香りや効能に合わせて)

※ 2~3週間くらいで使って下さい。ローズヒップオイルは酸化しやすいので基本は冷蔵庫管理で使って下さい。またローズヒップオイルは紫外線に弱いので夜のケアに使用して下さい。その他は常温保存で使用できます。ホホバオイルは冷蔵庫に入れないで下さい、寒い場所で固まる性質があります。

※精油は妊娠中は、使用できない時期やおすすめしない精油もあります。上記の内、ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、サンダルウッドは注意が必要です。

いずれも、肌に合わない場合は使用を中止してください。自然の材料を使用していますが、アレルギーが出ないということはありませんのでご自身の責任のもとご使用をお願いいたします。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

材料を揃えられない方は、サロンでもお作りいただけます。メッセージよりご連絡くださいね。


・ローション100ml 1,500円+税


・ホホバオイル・アルガンオイル・マカデミアナッツの美容オイル 20ml 2,000円+税(ローズ・ネロリ精油追加料金なしでお選びいただけます。)


*ローションにローズ、ネロリ精油ご使用の場合、スポイト1滴150円+でお願いします。+税

*ローション・美容オイルセットで所要時間30分位。ハーブティーをお付けします。

お友達とご一緒でのお申し込みは、小さなサロンですので一回に4名様がマックスです。お友達とご一緒でのご利用でローション、美容オイルセットでお一人様200円引きいたします。(当面は新型コロナウイルス対策といたしまして、お一人様でのご予約をお願いいたします。)

*トリートメント後にお作りの場合はローション美容オイルセットで500円引きでお作りいただけます。

*2回目以降の作成で容器をお持ちいただいた方はそれぞれ300円引きいたします。(ローション容器は洗って、美容オイル容器は洗って煮沸してお持ちください)

※ フェイスローション・美容オイル作りのご予約は、3日前までにお願いいたします。

【容量・料金・作り方・写真の容器などいくつか変更いたしました。(20/05/20追記)】

→☆ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽に

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~