info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

おすすめの、桑の葉ハーブティー。小腸で糖の吸収を阻害するメディカルハーブティー。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー

最近、桑の葉ハーブティーを飲んでいます。

桑の葉ハーブティー(マルベリー)は、小腸で、糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑える優れたハーブティーなんです。ハーブティーは薬ではないけれど、その成分の特徴によって、薬のように驚くような性質をもつものがあります。

桑の葉ハーブティー(マルベリー)は、小腸で糖の分解を行う酵素α‐グルコシターゼの働きを阻害して糖の吸収を抑えるんです。

糖は分解されないと身体に吸収されないので、そのまま吸収されなかった糖は、大腸で善玉菌の一つであるビフィズス菌を増やして腸内環境まで整うらしいですよ。嬉しいおまけつきです。

同じような働きで「サラシア」と言う植物もあります。サラシアもα‐グルコシターゼの働きを阻害します。サラシアは成分サラシノール、桑の葉は成分デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分がそれぞれ阻害する働きをするということです。

 

サラシアは飲んだことが無いですけど、桑の葉ハーブティー(マルベリー)はほっとする香りです。小さいころ住んでいた家の側に桑畑があったので葉っぱは見ていました。でも何十年後かに、その葉っぱのお茶を飲むとは思いませんでしたけど、馴染みがある植物です。桑の実も一度は食べたことある方多いのではないでしょうか。サラシアは、スリランカやインド、東南アジアなどが原産で、つる性の樹木からとられるみたいです。

糖の吸収を阻害して、急激な血糖値上昇を抑えて、インスリンの分泌も抑える。素晴らしいメディカルハーブティーです。ハーブティーは薬ではないですが、飲む薬や、サプリメントとの相互関係がありますので、糖尿病など疾病をお持ちの場合、またサプリを飲んでいる場合、ハーブティーとの併用は、お医者さんに確認して飲んでくださいね。

 

最近お腹周りが気になります。甘いものを食べる前とか、ご飯前に飲んだら良さそうですよね。

筋肉量が減ると基礎代謝も下がります。年齢とともに女性ホルモンの分泌量も減ってきます。女性ホルモンが減ると、内臓脂肪が付きやすくなってしまうんです。

女性ホルモンは、内臓脂肪が増えるのを抑え、骨からのカルシウムの流出を防ぎ、髪につやを与えてます。でも女性ホルモンは一生のうちにたったティースプーン一杯ほどしか作られなくて、更年期ごろから少しずつ減ってきます。

減っていく女性ホルモンは増やすことはできないので、そうなると何か対策しなくてはと思います。

ここ何か月かはステイホームで外出もほとんど無かったので、筋肉量も落ちたかもしれません。たまに腹筋とか足上げとか、wii fitヨガやったりしていました。ヨガってゆっくりした動きでもじわっと効いて、結構疲れるんですね。身体を動かすことは意識しないとなかなかできないです。あとはセルフマッサージは欠かさないように。

食物では、大豆イソフラボンですよね。意識して取るようにしています。女性ホルモンに似た働きをすることで有名ですが、運動をプラスすることで、骨密度が上がっていきます。大豆のドライパックは使いやすくて、そのままサラダにいれたり、スープに入れます。パルシステムの北海道ユキホマレ美味しいですよ。

 

あと、鉄分も特に大事ですよね。鉄瓶に注目しています。鉄瓶で沸かしたお湯はまろやかで、鉄瓶から出た鉄は身体に吸収しやすいヘム鉄(₂価鉄)だそうです。レバーなど動物性の鉄もヘム鉄で吸収されやすいです。

ホウレンソウや小松菜は鉄分が有名ですが、非ヘム鉄(3価鉄)で身体への吸収率は少なく、摂取するときはビタミンcと一緒に取ると吸収率があがります。野菜に含まれるビタミンcもありますが、さらにグリーンスムージーで摂取すると、レモンやオレンジなどのビタミンcと一緒に摂取できて美味しいですよ。

 

ハーブティーも古来からの伝承だけでなく、科学的なエビデンスが出てきています。メディカルハーブも面白いです。気になる方は、日本メディカルハーブ協会のハーブ検定もありますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

レモンの香りでリフレッシュ。レモン系フレッシュハーブティー。

カテゴリー:Diary, ハーブティー, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

4月

只今サロンは4月いっぱいお休み中です。新型コロナウイルスの状況を見て5月以降のことを決めていこうと思っています。

それまで長くお休みになりますが、ハーブ&アロマテラピーの楽しみ方などを発信していきますね。

これまでにやったワークショップやアロマ講座のレシピなども載せたいなあと思っています。ブログを見に来てくださいね。

 

さて、第一弾はハーブティー!

【フレッシュハーブティーを飲んでみよう】

フレッシュハーブティー飲んだことがありますか?。

ハーブが元気に芽生えてくるこの季節はフレッシュの生の葉っぱを使ってハーブティーを飲んでみてください。

 

私はコーヒーが好きなんですが、一日中コーヒーを飲み続けるわけにはいかないし、いろんなお茶に変えて何かずっと水分を取っています。

コーヒー、カフェオレ、紅茶、中国茶、緑茶、東宝美人茶、ルイボスティー…

今回は、すっきりした後味で、レモンの香りが爽やかなフレッシュハーブティーを入れました。

上の写真を見てくださいね。

左から、レモンマートル、レモンバーム、レモンタイム、ローズマリー、のレモン系ハーブティーブレンドです。

この3種類のレモン系ハーブは味が出にくいので、少ししっかりした味のローズマリーを加えました。

ローズマリーのスッーとした味とレモン系ハーブが合わさって飲みやすい後味の良いブレンドになりました。

 

【フレッシュハーブティー入れ方】

1、 好みのフレッシュハーブをポットに半分くらいになる量を入れる。乾燥の茶葉の3倍くらいは必要です。ハーブをカットしたら、よく洗ってポットに入れます。(ハーブの量は好みで加減して下さい)

ポイント!

レモンマートル・・・葉っぱに切り込みを入れるか、細かくカットすると味と香りがでます。

レモンタイム・・・小さな葉っぱがたくさん付いている場所を入れます。木質の枝の部分はカットして落とします。

2、 ポットに熱湯を注ぎます。ポットに蓋をして4~5分蒸らして完成!

3、 茶こしを使ってティーカップに注ぎます。

 

熱湯を注ぐと部屋にレモンの香りが広がりますよ。ハーブティーを飲むときは香りもぜひ楽しんでください。レモンの香りをかぐと、高ぶった感情が静まり、不安な気持ちが軽減されます。このハーブティーにはレモンは入っていませんが、レモンと同じシトラールという成分が入っているので、レモンの様な爽やかな香りが楽しめます。

実はこのシトラール成分はレモンマートルの葉っぱにはレモンの数十倍も入っているそうです。レモンマートルがレモンよりレモンらしい!と言われるゆえんです。

レモンマートルは常緑できれいな濃い緑の葉っぱをしています。寒さに弱く冬の霜にあたると枯れてしまいます。冬の間は観葉植物のように楽しむのもおすすめです。

※ハーブティーとして飲む場合は、無農薬のものを使用してくださいね。

【シトラールの作用】

シトラールには、抗菌作用、鎮静作用、抗ウイルス作用などがあります。また虫よけ効果があり、アロマテラピーではこのシトラール成分の入った精油を用いて虫よけスプレーを作ったりもしています。レモンと名の付くハーブにはよく入っている成分です。

 

 

今回はブレンドしましたが、家にあるハーブで一種類でもどんな味かなとか、いろいろ試して飲んでみてくださいね。飲めないハーブもあるので、買ったお店で飲めるか聞いたり、安全には気を付けて、自己責任となりますが楽しんでくださいね。

これ飲めるかな?とかいろんな疑問がありましたら、お気軽にメッセージ下さいね。答えられる範囲で、調べたりしながらお答えさせていただきます。

☆ご予約お問い合わせページよりメッセージ下さい。

 

日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター・ハーバルセラピスト・マエダ

 

心の緊張は、身体の筋肉を緊張させます。ホットストーンで優しくほぐしていきます。&ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジに行ってきました。

カテゴリー:Diary, ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー, ホットストーン

  

3月

卒業シーズンを迎え、様々な場所で新しい環境を迎える方が増える時期ですね。

ご本人の場合はもちろん、ご家族や、職場での周りの移動や、学校などなど。。

環境が変わるのは、私は好きですが、慣れるまでは緊張したりして身体に力が入って疲れますね。自分の環境の変化でなくても、周りが変わることで今までとは違うペースになったり影響はあります。

5月病なんて言葉もありますが、これからの季節を楽しみながら無理をし過ぎないように、自分の身体と向き合っていきたいですね。

 

緊張して凝り固まった筋肉は知らないうちに老廃物を溜め込んでしまいます。疲労の回復が遅いな。と思ったら思い出してください。

 

全身のホットストーントリートメントはそんな凝り固まった筋肉をストーンで温めながら優しくほぐしていきます。

身体は緊張すると、自分を守ろうと内側へと丸くなります。全身を支える腰周りや、お背中の大きい筋肉をほぐしていくと楽になることが多いです。

日常の生活の中で意識して、胸を開き、肩甲骨を寄せてみてくださいね♪

オーガニックのアロマオイルの香りに癒されながら、全身の足指からヘッドまでトリートメントしていきます。

アロマオイルは、お客様のその日の気分や体調に合わせてブレンドしていきます。お好みの香りなどうかがっていきます。

 

<只今、サロンではフェイシャルトリートメントにオーガニックのローズ精油をお選びいただけます!>

大変希少価値の高い精油で、金額も高いことから今まで取り扱いがなかったのですが^^;今回導入記念で追加料金なしでフェイストリートメントにお選びいただけますのでお申し付け下さいね。

花粉の季節はお顔のコリも気がつかずに進行していたりします。ローズで癒されて下さい~。

 

 

 

 

<ネトルコーディアル>

トリートメントのアフターティーのハーブティーに。

花粉の時期におすすめネトルのハーブコーディアルを作りました。

ネトルは鉄分ミネラル豊富なハーブで血液をきれいにします。

広島県産レモン入りです。お好みのハーブティ-に加えたり、お湯や炭酸で割っていただきます。

お楽しみに。

 

番外編~<ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジ>

サロンは西武池袋線沿線仏子(ぶし)駅徒歩2分です。

2つ隣の駅に飯能駅があります。そこからバスで10分。埼玉県飯能市ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジに行ってきました。

ムーミンバレーパークは3月16日OPENなので、プレオープンに行ってきました。

写真は夜のライトアップですが、昼間は心地よい時間が流れます。これから新緑の季節は、大きな湖を囲んだ木々がとてもすてきですよ!

 

宮沢湖は昔からある湖ですが、ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジオープンと共に、とてもきれいに整備されました。

遠くからサロンへお越しのお客様は、是非寄って行って下さいね^^

私が生まれ育ったのは、飯能市。小さなころから遠足やマラソン大会など、家族と遊びに行っていた宮沢湖がこんなに素敵になってうれしいです。

 

アメーバブログでもご紹介しています。良かったらごらんくださいね。

 アメブロ 花とアロマを生活に!

 

<お知らせ>

*サロンは自宅の一軒家一室の為、平日昼間での営業です。

家族の在宅の可能性がある春休みや夏休み…などカレンダー予約ページではお休みにしていますが、(ご予約フォームへ進めないように設定されています)

もしも、家族の在宅や出入りがあることをご理解していただけましたなら、(なるべく静かに配慮いたします。)ご予約受け付けておりますので、ご予約フォームよりお日にちお時間をお気軽にお問い合わせください。

 

花粉症の不快な症状は、精油やハーブを用いて、全身アロマトリートメントで改善しましょう。

カテゴリー:アロマトリートメントについて, サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー

 

大分暖かい日もありますが、まだまだ暖房が必要です。特にアロマトリートメントはお着替えもありますので、トリートメントルームはしっかり暖めています。

サロンで使用しているデロンギヒーターは空気を汚さずに部屋の空気をじんわり温めていきます。ホットストーントリートメントコースの場合は、ストーンを湯煎するので蒸気があがり加湿もばっちりです。

喉が乾燥していると、ウイルスやアレルゲンを通りやすくしてしまいます。加湿は大事ですね。こまめな水分補給でちょくちょく喉を潤して下さい。

 

外の気温上昇と共に辛いのが花粉症の方ですね。

鼻づまりからくる頭痛。くしゃみをすることで肩や背中に力が入り身体がこわばっていませんか。マスクをずっとつけているので顔の凝りを気にされる方も増えてきます。

ストレスは交感神経を優位にさせ血管を収縮させてしまいます。そうすることで血流が悪くなり老廃物もたまりやすくなります。血が汚れていると花粉症の症状は悪化してしまします。

血行を改善して、血流量を増やしていくことで体温も上がり免疫も上がっていきます。全身のアロマオイルトリートメントで代謝を上げていき、免疫の宝庫、腸も活発にさせましょう。

顔の凝りはフェイスのアロマオイルトリートメント・フェイスのリンパドレナージュをお試しください。

顔には、たくさんのツボ(経穴)があります。鼻づまりは特に鼻の脇のツボ押しが効果的です。目のかゆみで刺激を与えてしまったお顔には、ツボ押しを入れながら優しくトリートメントしていきます。また顔は12もの脳神経が通っています。優しくドレナージュすることで、想像以上の頭の癒しがあります。

 

アロマオイル精油の中には、花粉や風邪の時期におすすめのものがあります。

[ユーカリ精油、ティートリー精油、万能のラベンダー精油etc・・・】

・・・ユーカリやティートリーなどは鼻づまりを改善したり、蒸気吸入で喉の痛みを和らげます。またラベンダーはデコルテや背中をトリートメントすることで、凝りや痛みを改善していきます。ラベンダー精油の香りは、心のつかえを洗い流し、花粉症からくるストレスからも解放していきますよ。

 

全身をオイルトリートメントしていく時に、精油をお好みに合わせその場でブレンドしていきます、お好きな香りを使い嗅ぐことで脳のストレスも緩和されていきます。

使用する植物オイルはオーガニックのゴールデンホホバオイルとマカデミアナッツオイルをお客様の肌の状態や季節によりブレンドします。大変肌馴染みの良い、美容液にも使われるオイルです。足の指1本1本からデコルテ、お首まで全身たっぷり使用して、血液循環、リンパの流れを促していきます。

肌が乾燥して荒れると、そこからアレルゲンが侵入しやすくなります。お肌も潤いを持たせて、上手に花粉の時期を乗り越えていきましょう。

肌が潤うと、静電気の嫌なバチバチもなくなりますよ^^

 

<ハーブティー>

辛い症状を薬だけでなくプラスαで改善していきます。トリートメント前後にお出しするハーブティーは、カフェインがなくたっぷり水分補給できます。

季節や悩みによりブレンドをしていきます。

花粉症の方にお勧めのハーブティーもありますので参考にしてくださいね。

・ネトル・・・・ビタミン、ミネラル鉄分が豊富で妊産婦さんにもお勧めです。

・エルダーフラワー・・・くしゃみ、鼻水などのカタル症状を抑えていきます。身体を温め、利尿作用を促します。

・ローズヒップ・・・ビタミンCがレモンの30倍で、くしゃみやストレスで消耗したビタミンCを補います。

・ペパーミントやユーカリ・・・清涼感があり、喉のイガイガが爽やかになります。ユーカリは少量でお試しください。

気持ちを底上げするハーブティーブレンド。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー

こんにちは。暑い日が続きますね。

テレビで辛いニュースを目にした時に、それが自然災害であればな尚更、その時やりきれない気持ちになります。

けれど少し経つと、違う楽しい番組を見たり、遊びにも出かけたりしてしまい、罪悪感を感じてしまう事もあります。

少し離れた土地で起こることを受け止めて自粛し続ける事は難しいですよね。いろいろな事を感じます。一番辛いのは当事者の方々なのですが…

 

そんな時は優しい飲み物で気持ちを底上げしましょう。

 

今日のブレンドは、心のつかえを優しく取り除き、女性に寄り添うハーブブレンドです。

・ハイビスカス、セントジョンズワート、ルイボスティー、レディースマントル

※上記のブレンドは妊娠中は避けて下さい。また、薬との飲み合わせに注意が必要なセントジョンズワートが入っています。

 

カップでゆっくり2杯飲み終わる頃には気持ちが落ち着いて、心のつかえがすっと外れて、そっと背中を押してくれる、ブレンドです。

 

セントジョンズワートはサンシャインサプリメントとも呼ばれるハーブティーです。気持ちに明るさをもたらします。

レディースマントルは、聖母マリア様のマントに葉の形が似ていることから名付けられたとも言われているハーブです。また、学名のAlchemiaは錬金術に由来しています。治癒の力や魔法を信じましょう。

生理周期調整作用や抗炎症作用、収斂作用などもあり、生理の前後にもおすすめです。

 

〈ハーブティーの入れ方や量について〉

茶葉に熱湯を注ぎ、蓋をして3〜5分で美味しく飲めます。

ハイビスカスは多く入れすぎると、酸味が強くなります。

ブレンドハーブティーをティースプーンで山盛り1杯がティーカップ1杯分位です。(茶葉が細かい場合は濃く出ますので調整して下さい)

 

 

飲み物はコーヒーも好きで、一息つきたい時や食後に飲みたくなります。

コーヒーは元気を出したい時にも良いですよね。でも本当に心が下がったりキツイ時や体調が優れない時はやっぱりハーブティーを飲みたくなるんですよね。。