info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

おすすめの、桑の葉ハーブティー。小腸で糖の吸収を阻害するメディカルハーブティー。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー

最近、桑の葉ハーブティーを飲んでいます。

桑の葉ハーブティー(マルベリー)は、小腸で、糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑える優れたハーブティーなんです。ハーブティーは薬ではないけれど、その成分の特徴によって、薬のように驚くような性質をもつものがあります。

桑の葉ハーブティー(マルベリー)は、小腸で糖の分解を行う酵素α‐グルコシターゼの働きを阻害して糖の吸収を抑えるんです。

糖は分解されないと身体に吸収されないので、そのまま吸収されなかった糖は、大腸で善玉菌の一つであるビフィズス菌を増やして腸内環境まで整うらしいですよ。嬉しいおまけつきです。

同じような働きで「サラシア」と言う植物もあります。サラシアもα‐グルコシターゼの働きを阻害します。サラシアは成分サラシノール、桑の葉は成分デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分がそれぞれ阻害する働きをするということです。

 

サラシアは飲んだことが無いですけど、桑の葉ハーブティー(マルベリー)はほっとする香りです。小さいころ住んでいた家の側に桑畑があったので葉っぱは見ていました。でも何十年後かに、その葉っぱのお茶を飲むとは思いませんでしたけど、馴染みがある植物です。桑の実も一度は食べたことある方多いのではないでしょうか。サラシアは、スリランカやインド、東南アジアなどが原産で、つる性の樹木からとられるみたいです。

糖の吸収を阻害して、急激な血糖値上昇を抑えて、インスリンの分泌も抑える。素晴らしいメディカルハーブティーです。ハーブティーは薬ではないですが、飲む薬や、サプリメントとの相互関係がありますので、糖尿病など疾病をお持ちの場合、またサプリを飲んでいる場合、ハーブティーとの併用は、お医者さんに確認して飲んでくださいね。

 

最近お腹周りが気になります。甘いものを食べる前とか、ご飯前に飲んだら良さそうですよね。

筋肉量が減ると基礎代謝も下がります。年齢とともに女性ホルモンの分泌量も減ってきます。女性ホルモンが減ると、内臓脂肪が付きやすくなってしまうんです。

女性ホルモンは、内臓脂肪が増えるのを抑え、骨からのカルシウムの流出を防ぎ、髪につやを与えてます。でも女性ホルモンは一生のうちにたったティースプーン一杯ほどしか作られなくて、更年期ごろから少しずつ減ってきます。

減っていく女性ホルモンは増やすことはできないので、そうなると何か対策しなくてはと思います。

ここ何か月かはステイホームで外出もほとんど無かったので、筋肉量も落ちたかもしれません。たまに腹筋とか足上げとか、wii fitヨガやったりしていました。ヨガってゆっくりした動きでもじわっと効いて、結構疲れるんですね。身体を動かすことは意識しないとなかなかできないです。あとはセルフマッサージは欠かさないように。

食物では、大豆イソフラボンですよね。意識して取るようにしています。女性ホルモンに似た働きをすることで有名ですが、運動をプラスすることで、骨密度が上がっていきます。大豆のドライパックは使いやすくて、そのままサラダにいれたり、スープに入れます。パルシステムの北海道ユキホマレ美味しいですよ。

 

あと、鉄分も特に大事ですよね。鉄瓶に注目しています。鉄瓶で沸かしたお湯はまろやかで、鉄瓶から出た鉄は身体に吸収しやすいヘム鉄(₂価鉄)だそうです。レバーなど動物性の鉄もヘム鉄で吸収されやすいです。

ホウレンソウや小松菜は鉄分が有名ですが、非ヘム鉄(3価鉄)で身体への吸収率は少なく、摂取するときはビタミンcと一緒に取ると吸収率があがります。野菜に含まれるビタミンcもありますが、さらにグリーンスムージーで摂取すると、レモンやオレンジなどのビタミンcと一緒に摂取できて美味しいですよ。

 

ハーブティーも古来からの伝承だけでなく、科学的なエビデンスが出てきています。メディカルハーブも面白いです。気になる方は、日本メディカルハーブ協会のハーブ検定もありますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

オーガニックの植物めぐみで、オールハンドの全身ボタニカルリラクゼーショントリートメント。

カテゴリー:サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物, 精油について

 

サロンは、6月15日より営業再開の予定です。営業再開にあたってのお知らせはこちらを一度見てくださるようお願いします。→営業再開のお知らせと大切なお客様へのお願いです。

3月末より長くお休みをしていたので、営業再開に向けてオイルや精油の準備をしています。

精油は開封後1年、柑橘系の精油は半年までに使用するのが望ましいとされています。過ぎてしまったものは、自分で急いで使いますが体には使用しません。植物の大切な恵みなので、無駄にはしたくないですよね。あまりたくさんの精油は常備出来ないのですが、メジャーなオーガニック精油から、ちょっと気になったオーガニック精油を20種類ご用意しています。

植物オイルは、おすすめの2種類。酸化しにくいオイルのオーガニックゴールデンホホバオイルと、オーガニックのマカデミアナッツオイルを常備しています。このオイルはフェイスケアやボディーケアに私自身、毎日使います。ハーブオイルの浸出油や、クリームを作るときにも使用しています。時間が経つとオイルは酸化してしまいます。ニオイがおかしくなっています。体にも害なので、酸化する前に、早めに使います。

 

 

今、ラベンダーの花盛りですね。個人的に一番使う精油は、ラベンダー精油です。真正ラベンダーと言う、ラベンダーです。香りも好きですが、その効能は素晴らしくて、抗菌、抗ウイルス、抗真菌、抗炎症、鎮痛、鎮静、血圧降下作用などがあります。

私は軽い火傷や打ち身、虫刺されなどにオイルに混ぜて使っています。(※精油は薬ではありません。使用される時は、ご自身の責任のもとで、お使い下さいね。)

手作り化粧水に入れるのもラベンダーが一番多いです。心と肌を健やかにします。青紫色の涼しげな花で、肌が整っていくんですよ。使うたびに心もすっきりします。夏に向けて、太陽で、ほてった肌を鎮めるのにもラベンダーで作るラベンダーローションは必需品です。

 

ラベンダーは種類がたくさんありますが、学名はlavendulaで始まります。このラバンデュラは、ラテン語の(lavo洗う)(lividus青みががった)が語源の一つと言われています。

サロンで使用しているラベンダーは【学名lavandula angustifolia アングスティフォリア】です。

体や心に知らずと溜まったものを、すっきり洗い流し、傷までも癒してくれる、そんなイメージのラベンダーです。

 

精油は香りの好みが大事ですが、精油の由来や、植物の色や形を思い描いて選んでみるのも楽しいです。

オーガニックの植物からとれた精油とオイルのみを使用して、オールハンドでの全身トリートメントをしていきます。

心や身体に要らないものを洗い流して、すっきりしてください。

 

 

 

ポットマリーゴールドのハーブオイル作り。ハーブエキスたっぷり。カレンデュラのインフューズドオイルが簡単に作れます。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

6月

先日ハーブオイルを仕込みました。

ハーブオイルとは、植物油にハーブを浸して、ハーブの脂溶性の有効成分をオイルに浸出させたものです。浸出油(インフューズドオイル)とも言います。ハーブエキスがたっぷりのオイルが出来上がります。

ハーブには有効成分が含まれていますが、水に溶けるエキスと、油に溶けるエキスがあります。ハーブティーとして飲むときには、水溶性の成分を頂くことになります。

ハーブは、水溶性と脂溶性で有効成分も変わってきます。(両方の性質をもつものもあります。ややこしいですね)それぞれ何を目的にハーブを使用するかで、抽出方法も変わってきます。(さらに脂溶性、水溶性両方欲しいときは、チンキと言ってアルコールに浸出させます。)

 

 

マリーゴールドの花の名前は有名ですが、ハーブとして有効成分があり活用できるのは、ポットマリーゴールドと言う名前のハーブ(薬草)のマリーゴールドです。カレンデュラとも言います。園芸用のマリーゴールドの花とは全く違いますので育てる時は注意して下さいね。必ず学名を確認してください。

学名【Calendula officinalis・カレンデュラ オフィキナリス】 和名【キンセンカ】 キク科植物です。キク科アレルギーの方は注意が必要です。

officinalisとはラテン語で、薬用の、と言う意味です。

 

 

カレンデュラの脂溶性の有効成分で私が求めているのは、カロチノイド成分の抗炎症作用です。皮膚の炎症を鎮める効能を期待してオイルに浸けこんでいます。皮膚・粘膜の修復、消炎、抗菌作用があり、古くから、皮膚のトラブルに用いられてきたハーブです。

これからの季節、虫刺され用のクリームや、肌のケアクリームを作るのにとても良いオイルが出来ます。

 

今回2種類のカレンデュラオイルを作りました。一つは、たっぷり600ml。カレンデュラ石けん作り用にピュアオリーブオイルでカレンデュラを浸けました。

もう一つは、クリーム作り用に、オーガニックのゴールデンホホバオイルをベースに、マカデミアナッツオイル、サンフラワーオイル、アルガンオイルを入れて作りました。

 

【自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.8】

≪常温で抽出する冷浸法のインフューズドオイル(ハーブオイル)の作り方。≫

清潔な煮沸した瓶にカレンデュラハーブを入れて、ハーブが浸かるくらいオイルを注ぎ、蓋をして2週間~3週間したらコーヒーフィルターなどで濾して遮光瓶に移し冷暗所に保管します。

※一日一回瓶を振ってハーブとオイルを混ぜます。昔は日の良く当たる窓辺で2週間置くと習いましたが、最近は、日の当たる窓辺に置くとオイルが酸化すると言われていますので、日の直接当たらない場所に置きます。

※ハーブの量ははオイルの5~10%程度がたっぷりエキスが出て良いと思いますが、ハーブによっては、かさが多いものもあったりと作りづらいので、ハーブがかぶる位のオイルの量で作っています。写真は石けん用には、オイルがやや多めですね。

浸けている間もカレンデュラのカロチノイド色素のオレンジ色がとてもきれいです。次回はこのオイルを使ってクリームを作っていきます。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

サロンは只今、休業中です。6月15日から営業再開致します。

再開にあたってはこちらをご覧くださるようお願いします→営業再開のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単セルフリンパドレナージュ② 顔のフェイスラインと目元を上げ、すっきりさせるセルフリンパケア。

カテゴリー:セルフトリートメント・リンパドレナージュのやり方, ハーブ、アロマ、植物

  

5月、バラの季節ですねインスタグラムでバラの庭をよく見ますが、みなさんプロですか!って言うような満開のバラが咲き誇っていて素敵です。

家のバラは、満開に花開くとは程遠いですが、淡い紫の「しのぶれど」が2輪と、ピンクの「ロココ」が咲き始めました。ハーブティーのローズヒップが採れる「ロサカニナ」は一重で小輪のかわいいバラです。ちらちら咲き始めましたよ。

今年はまだ、つぼみが付かない2種は、濃いピンクの尖った花弁がかっこいい「シェエラザード」と、精油が採れる品種の「ダマスクローズ」。どれも香りが良いのに残念。

農薬は使えないので、無農薬スプレーで虫や病気に応戦しています。植物由来のスプレーで、ユーカリやヒノキ、黒酢、マリーゴールド、ニーム液が入っています。黒星病みたいなのにかかってしまう。どうすれば…。来年は葉っぱが元気になるように勉強したいです。

 

 

~【簡単セルフリンパドレナージュ② 顔のフェイスラインと目元を上げすっきりさせるリンパケア。】~

 

自粛が続くと、家でゆっくりできることもありますが、いろんな事を考えては、脳が疲れる時もありますよね。脳の疲れは顔の疲れにつながります。顔には、たくさんの脳神経が張り巡らされています。フェイシャルケアでリラックスさせましょう。

サロンでは全身アロマトリートメントにフェイス付きのトリートメントをお勧めしています。フェイシャルトリートメントは脳がとてもリラックスできるからなんです。そして、顔には形状記憶があります。フェイシャルケアをして、なりたい状態をイメージしながら、毎日少しずつやることで、記憶されるとうれしいですよね。

実際ケアする前と後では、頬の上がり具合やあごラインが少し違ってきます。それが維持出来たら嬉しいですよね。目もすっきりさっぱりとしますよ。

 

フェイシャルトリートメント(リンパドレナージュ)は、清潔な手で、優しい力で少しずつこつこつと、向きや力加減に注意して行って下さい。

前回の、鎖骨周りのリンパドレナージュと合わせてやってみてくださいね。

 

①フェイスライン。あごまわりケア。両手で一緒に行います。

1.手を軽く握り(グーにして)、人差し指の曲げた所と親指のはらで、あごをつまみながら、あご先から耳まであがります。軽い力でリズミカルに3回。

2.手を軽く握ったまま、4指の曲げた外側と親指のはらで、あごを軽く挟み、あご先から耳まで流します。軽い力で5回流す。

3.手を開き、4指で耳前から上がり、耳の後ろを通って首すじから鎖骨へ流します。撫でるように3回。

 

②目元ケア。

目元は撫でるように特に優しい力で軽く行います。両手で片目ずつ行います。

1.左目。 左手3指を揃えて(人差し指、中指、薬指)、眉尻の少し上に添えて、上へ軽く引き上げます。5㎜くらい

2.引き上げた状態で、右手を広げ3指(中指、薬指、小指)で目じり下から目頭へ向かい、目をぐるっと回って眉毛に沿って瞼の上を優しく通り、目じりへ流します。撫でるように3回。

3.右目も同じように、右手で軽く引き上げ(5㎜くらい)、左手で流します。

 

③ツボ押し4ヶ所とおでこのケア。両手でおこないます。

1.両小鼻のすぐわき、へこんだ所、中指のはらで上に押し上げ気味に3秒プッシュ。

2.ほおの真ん中の窪み、ほお骨の下を親指のはらで上に押し上げぎみに3秒プッシュ。

3.1の小鼻のわきから鼻筋を通って上がり、目頭のくぼみ、3秒軽くプッシュ。

4.3の少し上あたり、眉頭のくぼみ、上に押し上げ気味に、3秒プッシュ。

5.両手を広げ手の平で眉からおでこへ、上へあげて頭のてっぺんを通り、頭全体を包むように、後頭部、首から鎖骨へ流す。3回

 

※病気があったり、調子の悪いときは避けて、無理のない範囲で行って下さい。

文章ではなかなか伝わりにくいかもしれません。何かご質問があれば、お問い合わせメールよりお気軽にご連絡下さい。

 

 

サロンは只今5月いっぱい、新型コロナウイルス対策の為、自粛お休み中です。再開は様子を見て決めてお知らせいたします。どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもうNo.3 モイストポプリのレシピ。精油を使わないのにとってもいい香り。

カテゴリー:ハーブ、アロマ、植物, 家庭教育学級, 自宅でハーブ&アロマを楽しもう

 

自宅でハーブ&アロマを楽しもう第三弾は、モイストポプリをつくってみませんか。

モイストポプリとは、生の花びらやハーブを塩でサンドしながら作るポプリです。塩と色とりどりの花びらできれな層ができて、熟成中も飾って楽しめます。

季節の香りの花でつくることが出来ます。これから咲くバラの花びらを少しずつ塩でサンドしていくのも楽しみです。

上の写真は、以前小学校の家庭教育学級のアロマ講座で作った時のものです。バラ農園に100本以上のバラを注文して作りました。バラの花びらをはがして塩でサンドしていく華やかな講座でしたよ。出来上がったものは、一か月位は層を楽しんで、その後は、混ぜながら熟成させていきます。4~5年が過ぎても瓶のふたを開けたらとても良い香りがしました。

年数が過ぎると徐々に花の色があせてさびしくなるので、庭で咲いたバラをつるしてドライフラワーにして、きれいな色を継ぎ足しています。

 

 

香りのよい花なら、花や葉っぱと塩だけでも、すてきなモイストポプリが出来ます。香りが薄くなったら、手軽に好みのアロマ精油をたらして、さらに熟成させるのもいいと思います。

塩と花びらや葉っぱがあれば手軽に作れます。香りがあまりなくても、ビオラなんかもカラフルでかわいいですよね。

 

≪簡単モイストポプリと、本格モイストポプリの作り方≫

【簡単モイストポプリをつくってみよう!】

(材料)

粗塩/ 花びらや葉っぱ/ 清潔なガラス瓶やガラスのコップ

(作り方)

1. ガラス瓶の底に粗塩を1センチくらい入れる。(底が見えなくなるように)

2. 1.の塩の上に花びらを1センチくらいのせる。

3. 2.の花びらの上に塩をまたのせて、次に花びら、また塩と交互になるようにして最後は塩が一番上にくるようにして完成。

*そのままきれいな層を一か月位楽しんだ後、塩と花びらをかき混ぜて熟成させてください。お好みで精油をたらして香りをプラスしたり自由に楽しんで下さいね。

*粗塩と花びらなので、バスソルトとしても楽しめますよ。花びらが湯船できれいです。その後の掃除は少し大変ですが目の細かいネットや、お茶パックに入れると掃除は楽になります。

*塩の粒は少し大きなものもあります。お好みで選んで下さい。

 

【スパイスも入れてちょっとリッチな香りの本格モイストポプリを作ってみよう!】

(材料)

バラの花びら/1カップ    粗塩/ 1/ 2 カップ ラベンダー/大さじ2 オールスパイスパウダー/小さじ1 ホールクローブ/小さじ1 オリスルート/小さじ1 ベンゾイン(安息香)/小さじ1 黒砂糖/小さじ1 ブランデー/少々

(作り方)

1. 簡単モイストポプリの3.の完成して10日ほど置いたもの(なるべく日が当たらない場所で飾る)を良く混ぜる。

2. 1.にドライのラベンダー、乳鉢で砕いたクローブを入れて良く混ぜる。

3. 2.にオールスパイス、オリスルート、砕いた安息香、黒砂糖などの保留剤をいれる。

4. 3.にブランデーを振り入れ、全体を良く混ぜる。

5. 蓋をし、冷暗所で1ヶ月以上熟成させる。(一日一回、木のスプーンでゆっくりかき混ぜ合わせる。)

*精油を入れていませんが、ハーブやスパイス、ブランデーなどが入ることで何とも言えない奥深い香りになりますよ。海外のお部屋のようなイメージの香り。笑

*出来上がったら、瓶から少し容器に取り分けて、お好みで色のきれいなハーブをのせてテーブルや玄関などに飾っても楽しいです。

 

自分で作るモイストポプリ、決まりはないので入れるスパイスを変えたり、アレンジして楽しんで下さいね。

 

※スパイス類はインターネットで手に入ります。

 

≪番外編≫

【食べられるモイストポプリ…?!】

塩と花びらで作り、見た目と香りを楽しむモイストポプリですが、

以前、レモン塩って流行りましたよね。レモンと塩を交互に重ねていく保存調味料です。

同じように、生のバジルと塩を重ねて、バジル塩を作れば、料理に使えて便利です。バジルは夏に収穫するのでまだ先ですが、たくさん育てたバジルの保存にもお勧めです。とっても香りのよい塩が出来上がります。パスタやスープ、オムレツ。なんにでも合って香りが楽しめます。

 

夏になったら、是非作ってみて下さいね。