info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

花粉症の不快な症状は、精油やハーブを用いて、全身アロマトリートメントで改善しましょう。

カテゴリー:アロマトリートメントについて, サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー

 

大分暖かい日もありますが、まだまだ暖房が必要です。特にアロマトリートメントはお着替えもありますので、トリートメントルームはしっかり暖めています。

サロンで使用しているデロンギヒーターは空気を汚さずに部屋の空気をじんわり温めていきます。ホットストーントリートメントコースの場合は、ストーンを湯煎するので蒸気があがり加湿もばっちりです。

喉が乾燥していると、ウイルスやアレルゲンを通りやすくしてしまいます。加湿は大事ですね。こまめな水分補給でちょくちょく喉を潤して下さい。

 

外の気温上昇と共に辛いのが花粉症の方ですね。

鼻づまりからくる頭痛。くしゃみをすることで肩や背中に力が入り身体がこわばっていませんか。マスクをずっとつけているので顔の凝りを気にされる方も増えてきます。

ストレスは交感神経を優位にさせ血管を収縮させてしまいます。そうすることで血流が悪くなり老廃物もたまりやすくなります。血が汚れていると花粉症の症状は悪化してしまします。

血行を改善して、血流量を増やしていくことで体温も上がり免疫も上がっていきます。全身のアロマオイルトリートメントで代謝を上げていき、免疫の宝庫、腸も活発にさせましょう。

顔の凝りはフェイスのアロマオイルトリートメント・フェイスのリンパドレナージュをお試しください。

顔には、たくさんのツボ(経穴)があります。鼻づまりは特に鼻の脇のツボ押しが効果的です。目のかゆみで刺激を与えてしまったお顔には、ツボ押しを入れながら優しくトリートメントしていきます。また顔は12もの脳神経が通っています。優しくドレナージュすることで、想像以上の頭の癒しがあります。

 

アロマオイル精油の中には、花粉や風邪の時期におすすめのものがあります。

[ユーカリ精油、ティートリー精油、万能のラベンダー精油etc・・・】

・・・ユーカリやティートリーなどは鼻づまりを改善したり、蒸気吸入で喉の痛みを和らげます。またラベンダーはデコルテや背中をトリートメントすることで、凝りや痛みを改善していきます。ラベンダー精油の香りは、心のつかえを洗い流し、花粉症からくるストレスからも解放していきますよ。

 

全身をオイルトリートメントしていく時に、精油をお好みに合わせその場でブレンドしていきます、お好きな香りを使い嗅ぐことで脳のストレスも緩和されていきます。

使用する植物オイルはオーガニックのゴールデンホホバオイルとマカデミアナッツオイルをお客様の肌の状態や季節によりブレンドします。大変肌馴染みの良い、美容液にも使われるオイルです。足の指1本1本からデコルテ、お首まで全身たっぷり使用して、血液循環、リンパの流れを促していきます。

肌が乾燥して荒れると、そこからアレルゲンが侵入しやすくなります。お肌も潤いを持たせて、上手に花粉の時期を乗り越えていきましょう。

肌が潤うと、静電気の嫌なバチバチもなくなりますよ^^

 

<ハーブティー>

辛い症状を薬だけでなくプラスαで改善していきます。トリートメント前後にお出しするハーブティーは、カフェインがなくたっぷり水分補給できます。

季節や悩みによりブレンドをしていきます。

花粉症の方にお勧めのハーブティーもありますので参考にしてくださいね。

・ネトル・・・・ビタミン、ミネラル鉄分が豊富で妊産婦さんにもお勧めです。

・エルダーフラワー・・・くしゃみ、鼻水などのカタル症状を抑えていきます。身体を温め、利尿作用を促します。

・ローズヒップ・・・ビタミンCがレモンの30倍で、くしゃみやストレスで消耗したビタミンCを補います。

・ペパーミントやユーカリ・・・清涼感があり、喉のイガイガが爽やかになります。ユーカリは少量でお試しください。

花精油オーガニック・ダマスクローズ(ローズオットー)精油入りました。フェイシャル、リッチボディ、ボタニカルコスメにご利用いただけます。

カテゴリー:サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物

花精油のダマスクローズ(ローズオットー)精油はRosa damascenaと言う学名のローズから採取されます。写真の真ん中のピンクのローズがロサ・ダマスケナです。この花が何十本何百本と集まって、たった一滴のバラの精油が採れるんです。

精油の採取方法によって、2種類の精油が得られます。

*ローズアブソリュート・・・溶剤抽出法(多くの芳香成分を含む華やかな香りは香水などに入れて素晴らしい香りを楽しめます。)

*ローズオットー…水蒸気蒸留法(落ち着いた甘い香りのローズは心を穏やかに鎮静させ、スキンケアやボディケアに向いてます。)

 

サロンで使用するのはローズオット-精油。その甘い香りは、傷ついたり、疲れた心を深く癒し、ストレスから解放します。そしてスキンケアでは香りをかぐことで肌の水分量がアップすることがわかっています!肌のくすみを改善して乾燥も防ぐ。潤いと幸せが増える香りなんですよ。朝晩のフェイスリンパドレナージュに使用したら最高ですね。

またローズオットー精油は女性ホルモンのバランスを整え、生理痛や更年期の辛い症状を緩和させます。香りをかいだり、トリートメントオイルに入れて腰や仙骨周りをトリートメントしていきます。手作りボタニカルローションに入れて、朝晩のフェイシャルケアに使用するのもいいですね。

ローズオットー精油は大変希少な精油です。

薔薇の精油500mlを採取するのに1トンもの花びらが必要だとか。100gで1滴の精油が取れる計算です。300gでバラ100輪位とすると、100本のバラから2~3滴の精油しか取れないんですね。貴重な精油です。しかも一滴で十分力を発揮してくれます。

50mlのローションに精油1滴でも肌に乗せた時の香りはとても良いものになります。

その昔クレオパトラはローズを愛用し、アラビア医学のバイブル本医学典範では、ダマスクローズのすり潰したものやローズウォーターを使った治療法がいろいろ示されているそうです。薬としても使われていたローズ。現代でもバラの花びらのジャムやお菓子、飲めるローズウォーターもあります。

サロンでは、ご希望によりフェイシャルトリートメントにローズ精油をご使用いただけます。滴数に限りがありますのでお早めにお声掛け下さい。またボタニカルローションご希望の方もトリートメント終了後にお作りいただけます。ごお自宅で続けてケアしていただけます。メールにてご相談下さい。

古代より治療や美容に取り入れられてきたローズで日頃の疲れを癒し甘い優美な香りをお楽しみ下さい。

 

 

 

フローラルウォーター(芳香蒸留水)&シアバターでボタニカル保湿ケア。

カテゴリー:アロマトリートメントについて, サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物

ニホンスイセンの花。毎年何の手入れもしなくても、時期がくると庭にひょっこり咲いてくれます。

水仙の英名を調べたら、narcssusナルシッサス。ギリシャ神話に出てくる美少年(自分を好きになる呪いを掛けられた)ナルキッソスより名づけられたとありました。ナルシストの言葉の由来だそうですが、とても綺麗な花ですよね。香りはジャスミンに似た華やかさがあって、グリーンの青草の香りも漂わせます。

香りの好みはそれぞれですが、生花で、たまに風に運ばれて来る香りは春を感じられて好きです。水仙は花精油としてアブソリュート(溶剤抽出法)の精油があります。アロマトリートメントでの使用はセラピストによっても分かれますが、高価な香水などに使われています。

この水仙もそうでしたが、アロマテラピーを学ぶと、たびたびギリシャ神話の何々~が、古代ローマの~、古代エジプトの~と出てきます。古来より人々は植物と深い結びつきがあり、綺麗な花々やその香りに魅了されてきたんですね。

そしてその花や草木の持つ効能や香りが私たちの心や身体を癒してきた。アロマテラピーの原点です。現在は精油と言う姿に形を変えて気軽に季節問わず、また様々な国の伝承ある植物を使用することが出来ます。アロマオイルトリートメントは全身で植物の恵みを感じられるアロマテラピーです。

≪スキンケアにも≫

「せっかくなら、化学合成のものでない、本物の花の香りと成分を、日々のスキンケアに使用したいですね。」

驚くほど簡単に。

朝晩本物の植物の香りを楽しめるスキンケアができます。

<基本の化粧水の材料は3つ>

1、 芳香蒸留水フローラルウォーター(植物から精油を取る時に植物に水蒸気をあてて、冷却し、抽出します。このときに出来る副産物です。花の香りや成分を微量に含む水です。)または、精製水(フローラルウォーターが無い時や、または、フローラルウォーターを薄める時に使用します。)フローラルウォーターの保存は開封後冷蔵庫で保存して下さい。

*薔薇の精油は大変高価ですが、バラの香りと成分を微量に含む水ダマスクローズフローラルウォーターは、そこまで高くなく購入できておすすめです。

 

2、 精油(肌にも、香りとして心にもお勧めの精油は、ラベンダー、ネロリ、ローズオットー、敏感肌、乾燥肌、エイジングケアに最適。こちらを単品、もしくは、ブレンドで使用)

 

3、 1,2だけでも良いですが、保湿の為にグリセリンを少々。ほんの少し入れます。使用するグリセリンは植物油脂から採れる植物性グリセリン。保湿成分です。

 

<作り方>

1、 100mlの容器に、グリセリン小さじ半分~1杯を入れる。(グリセリンの量は使って見て調整します。)※入れ過ぎは、逆に肌を乾燥させてしまいます。

2、 1に精油をラベンダーなら3~5滴。ネロリなら2~3滴。ローズなら1~2滴入れる。(ブレンドする場合は合計で5滴までがお勧めです。)

3、 2にフローラルウォーターまたは、精製水を95ml(容器の淵まで)入れて完成。良く振り混ぜて下さい。

*私が良く作るのは、ダマスクローズのフローラルウォーターと精製水を半々。精油はラベンダーです。フローラルウォーターを精製水で薄めても、とても良いローションになり、たっぷり使えて香りもいいですよ。

☆化粧水はたっぷりが基本です。何回も何回も肌に入れ込んで、最後にお好みのクリームでフタをします!私は、シアバターを手のひらにとって、温めて溶かしてから、顔を覆うように手の平をあてて、保湿します。40歳半ば。年齢的にもちょうど良い保湿になっています。

 

※使用期限は、冬なら2週間位で使い切ってください。きっと毎日たっぷり、顔やボディーに使うとあっという間になくなりますね。

※ご使用になる際は、ご自身の肌の変化に注意して、合わないようなら、すぐに使用を中止してくださいね。

※手作り化粧品は、ご自身の責任のもと、ご使用お願いします。

 

*サロンフェイストリートメントの整肌には。

フランスオーガニック認証のエルブデュレシリーズ。エーデルワイスなど8種類の高山植物エキス、ダマスクローズウォーターのなどが入ったブライトニングローションと乳液を使用しています。こちらは香りがいいと皆様おっしゃいます。手作りローションが気になる方は、そちらもお使いいただけます。お気軽におっしゃってください。

 

 

 

メニューコース内容のアレンジが可能です。&サロンのベッドに毛布パッドを入れました。

カテゴリー:アロマトリートメントについて, サロンで使用しているものについて, ホットストーン

サロンのベッドは、アースライト社製(EarthLite社)のベッドで、7,62㎜のしっかりした厚みがあるのが特徴です。ゆったりできるように幅は広めのベッドです。

アロマトリートメントを受けている間、安心してベッドに身体を預けることができますよ。

 

今シーズンもトリートメントベッドに厚みのある毛布パッドをプラスしました。

横になった瞬間からほわっとくつろげるベッドです。

上の写真はホットストーンの敷石。温めた玄武岩(火山岩の一種)をベッドに置きます。この上にタオルをひいて、寝ていただきます。

ちょうどお尻の上からお背中、首の後ろを温めていきます。

石の上に寝ると痛いのでは?違和感を感じるのでは?と思われますが、すぐ馴染んで石があることを忘れてしまいます^^

下に毛布が敷いてあるのと、お身体の窪みにフィットして、石が馴染むんですね。

 

<メニューコースの内容は可能な限りお客様に合わせていきます>

プライベートサロンですので、トリートメント前のコンサルテーションを大事にしています。足湯をしながら、ウエルカムハーブティーでほっとしていただき、体調や好みをうかがいます。

先日お越しいただいたお客様は、ご予約がフェイス付の90分コースでしたが、アロマトリートメント後にお仕事の予定が出来たため、メイクはそのまま落とさずに、その分のお時間をボディートリートメントに変更されました。フェイストリートメントは、メイクの上からツボ(経穴)を軽く押す程度にさせていただきました。

*60分コースに変更されますか?とお伺いしたところ、やっと来られたので、「90分のままで。」と嬉しいお言葉をいただきました。正直、全身のアロマトリートメントは60分ではもう少しやりたいな。と思うこともあったので今回90分させていただき気になる肩回りお背中を多めになどアレンジできました。ですので、「ボディーのみ90分」も歓迎です~。

このような内容のアレンジは、遠慮せずに仰ってくださいね。可能な限りアレンジしていきます。

また、コース内容のご相談はご予約フォームでも受け付けていますので、ご予約時にご連絡ください。

※ホットストーンアロマボディーコースは少しお時間が必要なので130分からのコースでお願いします。

プライベートサロンならではの、融通を心掛けています^^

全身のホットストーンアロマトリートメントが受けられるコース。

カテゴリー:サロンで使用しているものについて, ホットストーン

 

9月

朝晩は大分寒くなってきましたね。

あんなに暑かったのに9月に入ると一気に秋っぽくなって驚きです。

早くもニュースでインフルエンザのフレーズを聞きました。もう?って焦ります。

急な寒暖差に身体が対応できなかったり、空気の乾燥も気になります。

喉を乾燥させないように水分をこまめにとって潤してください。

 

まだ慣れない気候に身体の冷えを感じたら、早めの対処をしたいです。

私も夜の寒さが気になって家族分の毛布を出しました。眠ると体温が下がるので暖かくして休んでくだい。

 

 

〈コースの中で一番選ばれるホットストーンアロマボディ130分〉

全身のホットストーントリートメントが受けられるコースです。

 

写真はホットストーントリートメント用の石を湯煎で温めているところです。

つるつる滑らかな表面の石は天然の火山岩の一種で玄武岩と言う石です。

大小様々な大きさの石を温めてトリートメントオイルを付けて、身体の上を滑らしていきます。

ハンドでのアロマトリートメントと交互に行うことでとっても気持ち良いトリートメントなんですよ。

ちょっと想像すると、

「冷えてるな、身体がこわばってるな、疲れがたまってるな。」

そんな箇所を、温かい、ちょっと熱めの石が肌の上を滑らかに滑っていく感じです^^

冷えて、動きの悪い個所を温めて優しくトリートメントすることで、固まった筋肉がほぐれ、間に溜まった老廃物が流れていきます。

ホットストーントリートメントは気持ちが良いだけでなく、「温めて流す」と言う、とても理に叶ったトリートメントなんです。

通常のアロマオイルトリートメントにプラスでホットストーンを加えるので、アロマオイルの良い香りも楽しむことが出来て心と脳、身体両面から疲れを癒していきます。

また、ホットストーントリートメントを選ばれるお客様は、以前からホットストーントリートメントを知っていて、いつか受けたいと思ってきてくださる方が多いいんです。

全身のホットストーントリートメントなので、お身体まんべんなくトリートメントをしていきます。さらにフェイスのアロマオイルトリートメント付きで、最後まで気持ち良く過ごせます。

その日のお客様のお身体の状態に応じて、内容を少しずつ変えることもできます(今日は、足がぱんぱんだから、足を重点的に。とか、肩が重だるいから背中のお時間を増やすなど)、トリートメント前のコンサルテーションでうかがっていきますね。

 

【トリートメントに使用するアロマオイルは】

オーガニックの、ゴールデンホホバオイルとマカデミアナッツオイルのブレンドです。

アロマ精油はオーガニック精油を使用して、お客様お一人お一人にあった精油ブレンドを考えていきます。

香りは、その日の体調や月のホルモンバランスによっても好みが変わってきます。

その日に良い香り!と思う物は、その日、身体が欲している成分を含んでいたりすることもよくあるんですよ。

私たちの身体は知らず知らず自分に必要なものを、香りを通したりすることでも選んでいたりするんですね。

 

 

→☆ご予約カレンダーページはこちらからも見れます

→☆ホットストーンコース料金やトリートメント部位はこちら。

*お支払いはクレジットもご利用いただけます。