info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

健康診断の季節。気になる血圧とアロマ精油の関係。身体に及ぼす影響は?

カテゴリー:アロマトリートメントについて, 精油について

6月

健康診断の季節ですね。

先日、年に1度の健康診断と婦人科検診に行ってきました。

女性にとって婦人科検診は負担もありますので、必ず一つご褒美を作っています^^

昨年は美味しいケーキとランチを帰りにいただきました。今年はランチは軽めで、代わりにデパートの花屋さんで壁飾りを購入しました♪

ささやかなご褒美作戦お勧めです。

 

 

さて、植物の恵みであるアロマ精油は、私達の身体に様々に作用します。美と健康の維持、増進を目的にアロマ精油を使用しています。

 

<気になる血圧と精油の関係>

はじめに精油の身体への作用ルートはおおまかに分けて3つあります。植物の香り、精油は「ああいい香りだなあ・・」だけではないんです。

 

1、 香りを嗅いで鼻(嗅覚)から脳へ香りの電気信号が送られます。脳で快、不快などの心の動きがあり、自律神経に作用します。

2、 香りを嗅いで、鼻から精油成分が肺に入り、毛細血管に取り込まれて血液中に入ります。血流にのり身体の各器官に作用します。

3、 精油をオイルで希釈して、肌に塗布することで、精油成分が吸収されて毛細血管に入り、血液中に入ります。血流にのり各器官に作用します。

 

精油の作用を勉強するときに、必ず出てくるのが、血圧が高めの人に「ローズマリー精油は禁忌と言うことです。

ローズマリー精油は、血圧を上昇させるのでしょうか。先日読んだある実験結果では血圧の上昇にはローズマリーが好きか嫌いかも関係していました。

ローズマリーの精油を嗅いで、

ローズマリー好きな人→血圧変化なし。

ローズマリーの香りが嫌いな人→血圧上昇認めた。

一つの結果ではありますが、すごく興味深かったです。しかし、アロマオイルトリートメントは微量ですが血管内に精油が入っていき、身体へ作用を及ぼします。

血圧が高めの人への、全身アロマオイルトリートメントには、私は使用しません。

しかし、ローズマリーは若返りのハーブとしても知られ、とても魅力的なハーブです。お好きな方は芳香浴や、生の葉を少量刻んでお料理に使うなど、されても良いと認識しています。

 

では、血圧が高めの方は、どのような精油がよいでしょうか。

*リラクゼーションや鎮静効果の期待できる精油がおすすめです。

・ 真正ラベンダーやスイートマジョラム、カモミールローマン、柑橘系の精油がおすすめです。これらも心地よい、好きと思えばいいですが、ラベンダーであっても嫌いな香りの場合、逆効果になります。一般的に言われる作用はありますが、ご自身の好みの香りを使用して、リラクゼーションに役立てて下さい。

 

血圧が低めな方は、鎮静系の精油ばかりを使い続けることは避けた方がいいです。

香りを嗅いでリラックスすることは身体にとって、とても良い事ですが、バランスに気を付けたいですね。

 

サロンでは、アロマオイルトリートメント前のコンサルテーションにて、お話をうかがいます。

お身体の健康状態や香りの好みなどをうかがって、当日のアロマオイルを一緒にブレンドしていきます。

その日の気分やホルモン状態により香りの好みも変わりますので、今日一番の気に入った香りでリラクゼーションしてください。

脳と身体がリラックスして緩み、疲労回復とリラクゼーションをすると、結果、身体の免疫が高まり、自然治癒力・恒常性の維持(本来自分自身が持っている、常に正常になろうとする、全体的な身体のバランスをとろうとする力)が高まります。

香りだけではない、アロマ精油の力を感じてくださいね。

 

※アロマオイルトリートメントは、治療目的ではなく、美と健康維持、増進の為です。通院中の方でリラクゼーションを目的にアロマオイルトリートメントを希望される方は、医師の承諾を得て下さい。

 

 

 

 

○○の気がする、と言う感じを大切に。痛みに変わる前のメンテナンス。

カテゴリー:アロマトリートメントについて

  

5月

長いゴールデンウィークどのように過ごされましたか。

私は仕事と楽しみを半々。

久々の野球観戦とガーデニングをしました。新しい寄せ植えは、コクリュウがポイントでヒューケラと、白い風船のような花が咲くシレネ、フランネルフラワーを入れました。グレーの鉢に黒いコクリュウがシックで気に入ってます。

先週は埼玉メッドライフドームで行われた、サザンオールスターズのツアー2019に行ってきました。20数年振りに行くコンサートは、同年代と、もっと上の年代の方が多かったですが、皆ではじけてきました。

たっぷり楽しみました。

 

ゴールデンウィーク中のアロマオイルトリートメントは遠くからリピートでご来店いただいたお客様、施術させていただきました。お身体の重だるいに耳を傾けてセルフメンテナンスにお越しいただきました。ありがとうございます。(土日、祝日については、家族の出入りがあるかもしれませんが、ご了承いただけますお客様、メールにてご相談下さい。)

 

疲れた身体を放っておくと、筋肉は固くなり、疲労の回復が遅れてしまいます。

一日の終わりのバスタイムは、湯船に浸かって、お身体をほぐしてくださいね。入浴後のストレッチは身体が温まっているのでお身体をほぐす絶好のチャンスです。

 

<筋肉が硬いなと感じたら>

・たくさん歩いてふくらはぎが張っている感がある

・長く荷物を持って腕が重だるい感がある

・ずっと座っていて腰が固まった気がする

・背中が張り付いた感じがする

・首や肩の動きが悪い気がする

 

この、〇〇の気がするという、感じ。セルフメンテナンスのサインです。

張っている感じがするを通り越して、痛みになることもあります。

痛い場合は別に治療が必要なものがかくれていたりすることもありますが、

不調を感じた時に、放っておかずメンテナンスをすることで改善されれば、それは筋肉の疲労からくるものが多いです。

 

私たちの身体は骨格があって、そこに様々な筋肉が大小ついていて、身体が動きます。

いろいろな形の筋肉のおかげで様々な動作ができます。

 

疲れたり、違和感があれば、思うような動きはできません。自分の筋肉を大事にしたいですよね。

 

適度なストレッチをして、身体を酷使した時はさらに労わるようにしたいです。

 

 

5月病なんて言葉もあります。環境が変わっていく中で、色々なことが少しずつ慣れてきたころ。

お身体だけでなく、心と脳にも休息をいれて下さい。

 

 

 

春は身体をリセット。本格的な暑さが来る前に、冬の間に溜まった老廃物を流しましょう。

カテゴリー:アロマトリートメントについて

春は解毒の季節とも言われますね。

苦味が美味しい春の野草は、冬の間に身体に溜め込んだ老廃物を排出してくれる、日本の和のハーブなんです。

たんぽぽの若い葉っぱは解毒のハーブですし、フキノトウやウド、せり、菜の花、タケノコなど春を感じさせる食材は解毒のハーブ野菜です。

季節に旬の食物を頂くのは、身体を健康に保つために理にかなっていますよね。積極的に旬のものを摂取したいです。

今年も春の七草でもあるセリを、たっぷり摂取しました。実家の父が毎年セリ摘みをしてほうれん草の胡麻和えをたくさん作ります。

子ども達にはセリの味は馴染めないようで、主人には味が甘いのか、少しだけで、あとは私がほとんどを食べました;^^ほうれん草も鉄分栄養価が高くて私には嬉しいおかずでした♪

<セリの栄養と効果>

セリは、香り成分と苦味成分があります。

これらの香りや苦味(植物性アルカロイドなど)には、精油成分があり、食欲増進、血圧を下げる、血流促進、解毒作用などの化学成分を含んでいます。

新陳代謝を高めて、肝機能や腎機能を助けます。(肝臓や腎臓は老廃物を解毒排出させる場所です)

 

セリはビタミン、ミネラル(鉄、やカリウム)、食物繊維を多く含み、中でも多く含まれるのが葉酸です。葉酸は血液を作る上で欠かせない栄養素です。

葉酸は、鉄と共に貧血予防に良い食材です。

血流量が少ないと新鮮な酸素を体中の細胞に届けられずに、疲れの原因になります。

最近だるさが抜けない。と言う方は、積極的に葉酸や鉄分を意識してみてくださいね。

 

春野菜に身体を解毒する栄養素が多いのは、冬場に溜まった老廃物を積極的に排出させるためでもあります。

冬場は、寒さで身体を動かすことが減ったり、汗をあまり書かなかったり、身体の代謝が落ちがちです。

たっぷり汗をかいて、水分をたっぷりとって、不要なものは外へどんどん排出させないと、身体に老廃物が溜まり疲れの原因になります。

春はデトックス!とよく言われるのはこのためです。

本格的に気温が暑くなる前に一度身体をすっきりデトックスしましょう。身体の中からは食材で。

<身体の外からは全身のアロマオイルトリートメントで足先から頭までしっかりトリートメント。リンパに溜まった老廃物の排出を促します。>

上の写真のように、ホットストーントリートメントもおすすめです。

身体を温めながら行うトリートメントは通常のアロマオイルトリートメントとの相乗効果が期待できますよ。

 

全身60分コース、90分コース

全身+フェイスの90分コース

全身+フェイスのホットストーンアロマボディ130分など

ご希望に合わせてアレンジも出来ますので、お気軽にご連絡ください。

ご予約カレンダーページより、お問い合わせいただけます。

 

 

 

 

春先の乾燥した肌には、全身潤うトリートメントで、身体の重い疲れもすっきりケアしましょ。

カテゴリー:Diary, アロマトリートメントについて

 

4月

今年の桜は最後は雪と重なりましたね~。桜と雪。驚きの景色と寒暖差です。

お花見は、お隣、飯能市の中央公園さくらまつりに行ってきました♪

背の低めの桜の木々の間を、夕方から点燈したピンクのぼんぼりがとっても雰囲気あって良かったです。

ぼんぼり新調したのかな~以前に行った時よりも感動しました。

 

 

<春は肌の乾燥が気になります>

フェイスだけでなく、足や腕にも化粧水をつけて。肌への水分補給は大切です。水分が入ったところで、オイルやバターでケアすると保湿されます。

サロンで使うオイルは、オーガニックのホホバオイルとマカデミアナッツオイルにオーガニックアロマ精油をブレンドしたものを使用します。

手でオイルをお身体に塗布しながら、アロマオイルトリートメントをしていきます。

ホットストーントリートメントは、皮膚の表面から、温めながら行うトリートメントなので、アロマオイルの浸透性を高め、より保湿ケアができます。

足指先からデコルテまで潤う、アロマオイルトリートメントです。

 

*保湿にはシアバターもおすすめです。個人的にシアバターが大好きで、フェイスやかかとや肘、膝、毛先などプラスで使用しています。アフリカのサバンナに自生するシアの木の実から採れる、バターです。未精製タイプのスモーキーな香りも好きですが、精製されたホワイトバターも使い勝手がよく、アロマ精油と混ぜてもいいですね。

いつも、100gとか200gなどで固まりを購入して小分けにして使用しています。シアバターは、きれいなケースに入って精油がブレンドされて販売されると高価になってしまいますが、プレーンの固まりだとお得でたっぷり使用できます。(上の写真の Nagomi Aromaさんのオーガニックシアバターは品質良く、いつもお世話になっています。)

 

 

<全身の重だるい疲れには、アロマオイルトリートメントですっきりさせましょう>

肌を潤いながら、同時に疲れにもアプローチしていきます。

疲れがたまって無理をすればするほど、疲労の回復は遅れてしまいますね。

疲れを取り去るには

一番は睡眠!たっぷり休養して睡眠が出来たら回復していきますね。

積極的な疲れの回復には

アロマオイルトリートメント、お試しください。

先日いらしたお客様はトリートメント後に

「いままで味わったことのないような感覚ですっきりしています。」

と仰って下さったのが印象的でした。

初めてアロマオイルトリートメントを受けた後は、その後の身体の軽さにきっと驚きます。

身体に溜まった老廃物は外へ排出して、新しい酸素や栄養が身体の隅々まで行き渡る邪魔をしないようにケアが必要です。

リンパの流れに沿ったアロマオイルトリートメントで、リラクゼーションしながらすっきりしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の不快な症状は、精油やハーブを用いて、全身アロマトリートメントで改善しましょう。

カテゴリー:アロマトリートメントについて, サロンで使用しているものについて, ハーブ、アロマ、植物, ハーブティー

 

大分暖かい日もありますが、まだまだ暖房が必要です。特にアロマトリートメントはお着替えもありますので、トリートメントルームはしっかり暖めています。

サロンで使用しているデロンギヒーターは空気を汚さずに部屋の空気をじんわり温めていきます。ホットストーントリートメントコースの場合は、ストーンを湯煎するので蒸気があがり加湿もばっちりです。

喉が乾燥していると、ウイルスやアレルゲンを通りやすくしてしまいます。加湿は大事ですね。こまめな水分補給でちょくちょく喉を潤して下さい。

 

外の気温上昇と共に辛いのが花粉症の方ですね。

鼻づまりからくる頭痛。くしゃみをすることで肩や背中に力が入り身体がこわばっていませんか。マスクをずっとつけているので顔の凝りを気にされる方も増えてきます。

ストレスは交感神経を優位にさせ血管を収縮させてしまいます。そうすることで血流が悪くなり老廃物もたまりやすくなります。血が汚れていると花粉症の症状は悪化してしまします。

血行を改善して、血流量を増やしていくことで体温も上がり免疫も上がっていきます。全身のアロマオイルトリートメントで代謝を上げていき、免疫の宝庫、腸も活発にさせましょう。

顔の凝りはフェイスのアロマオイルトリートメント・フェイスのリンパドレナージュをお試しください。

顔には、たくさんのツボ(経穴)があります。鼻づまりは特に鼻の脇のツボ押しが効果的です。目のかゆみで刺激を与えてしまったお顔には、ツボ押しを入れながら優しくトリートメントしていきます。また顔は12もの脳神経が通っています。優しくドレナージュすることで、想像以上の頭の癒しがあります。

 

アロマオイル精油の中には、花粉や風邪の時期におすすめのものがあります。

[ユーカリ精油、ティートリー精油、万能のラベンダー精油etc・・・】

・・・ユーカリやティートリーなどは鼻づまりを改善したり、蒸気吸入で喉の痛みを和らげます。またラベンダーはデコルテや背中をトリートメントすることで、凝りや痛みを改善していきます。ラベンダー精油の香りは、心のつかえを洗い流し、花粉症からくるストレスからも解放していきますよ。

 

全身をオイルトリートメントしていく時に、精油をお好みに合わせその場でブレンドしていきます、お好きな香りを使い嗅ぐことで脳のストレスも緩和されていきます。

使用する植物オイルはオーガニックのゴールデンホホバオイルとマカデミアナッツオイルをお客様の肌の状態や季節によりブレンドします。大変肌馴染みの良い、美容液にも使われるオイルです。足の指1本1本からデコルテ、お首まで全身たっぷり使用して、血液循環、リンパの流れを促していきます。

肌が乾燥して荒れると、そこからアレルゲンが侵入しやすくなります。お肌も潤いを持たせて、上手に花粉の時期を乗り越えていきましょう。

肌が潤うと、静電気の嫌なバチバチもなくなりますよ^^

 

<ハーブティー>

辛い症状を薬だけでなくプラスαで改善していきます。トリートメント前後にお出しするハーブティーは、カフェインがなくたっぷり水分補給できます。

季節や悩みによりブレンドをしていきます。

花粉症の方にお勧めのハーブティーもありますので参考にしてくださいね。

・ネトル・・・・ビタミン、ミネラル鉄分が豊富で妊産婦さんにもお勧めです。

・エルダーフラワー・・・くしゃみ、鼻水などのカタル症状を抑えていきます。身体を温め、利尿作用を促します。

・ローズヒップ・・・ビタミンCがレモンの30倍で、くしゃみやストレスで消耗したビタミンCを補います。

・ペパーミントやユーカリ・・・清涼感があり、喉のイガイガが爽やかになります。ユーカリは少量でお試しください。