info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

夏の疲れ肌を健やかに。ボディースクラブケア。

カテゴリー:自宅でハーブ&アロマを楽しもう

9月に入りまだまだ暑いですが、秋の気配を感じますね。

私は肌の乾燥が気になります。身体の中からは栄養で、外からは保湿してケアが必要ですよね。

先日、面白い形のカボチャをいただきました。少しくびれがあり、京都の方面のカボチャだそうです。

カボチャはビタミンが豊富で肌を内側から守ります。ビタミンエースとも言い、ビタミンACEや、ビタミンB群、βカロテンなどの栄養素が豊富な野菜です。夏場は冷たいカボチャの煮つけも美味しいですよね。だんだん涼しくなってきたら、煮物やグラタン、温かいスープも嬉しいです。

これらの栄養素は、肌を健やかに保ち粘膜を保護して、免疫力を高めます。

夏場の日差しや、日焼け止めの塗布は、肌に思った以上の負担がかかって、肌を乾燥させています。秋冬に向けて肌も一度リセットしてケアをしておきたいです。

 

写真は坊ちゃんカボチャグラタン。見た目以上に簡単に出来ましたよ。レシピサイトで検索するとたくさん出てきました。

夏の日差しで疲れた肌と身体を優しい味のカボチャで癒して下さいね。

 

 

外からのお手入れに、肌を健やかに保つボディスクラブレシピはいかがですか。

顔だけでなく、手や足も古い角質を取り除く事で、肌のごわつきが取れて、ローションや乳液が入り込みやすくなります。スクラブをした後は、必ずしっかり保湿しないと逆効果になりますが、優しいスクラブは、気持ちがいいですし、肌がつるつるします。

 

ヒマラヤ岩塩のサラサラしたタイプに、カレンデュラオイルと、アロマオイルを入れるだけの簡単なスクラブですが、なかなか良かったのでご紹介します。

 

《アロマボディスクラブ作り方》全身1回分位。なるべく1回で使い切って下さい。

・ヒマラヤ岩塩(サラサラしたタイプ)  大さじ3杯(肌の弱い方は、柔らかい砂糖に替えてみてください。)

・カレンデュラオイル 大さじ2杯(カレンデュラオイルがない場合は、オリーブオイルやココナッツオイルなどお好みで)

・精油 フランキンセンス5滴 パチュリ精油1滴(デトックスや肌の再生引き締め、血流促進効果や、バスタイムで落ち着く香りの精油を選びました。お好みでアロマオイルを替えてお楽しみ下さい。)

材料をすべて良く混ぜて完成。

(使い方)

傷などがない清潔な肌に、適量をのせる。肌が濡れている状態で使用する。入浴時がおすすめ。

例えば足の場合、膝、カカト、スネなどにのせ、手のひらでクルクルと優しく肌の表面を滑らせる。

※決して強く擦らないでください。

その後ぬるい温度のシャワーで流す。オイルのベタつきが気になる場合は、石けんを泡だてて、流して下さいね。私は全身をスクラブした時、お風呂がオイルで滑りやすくなったので、気を付けて下さい。湯船に浸かる時は、スクラブ前に入った方がいいです。スクラブ後は湯船に入らずシャワーで流してください。

お風呂上がりはとってもしっとりしますし、翌日もカサつきは無くなりましたが、乳液やローションで、保湿を必ずしてくださいね。

スクラブは気持ち良いですが、肌を傷つけないように、やり過ぎには注意して下さい。月に1回位のスペシャルケアでよいと思います。

 

このヒマラヤ岩塩スクラブは顔には使用しないで下さいね。顔の皮膚は大変薄く、デリケートな角質ケアが必要です。

ボディにおいても、個人差がありますので、ご自身には合わないと思った場合は使用をやめてください。ご自身の責任のもとで楽しくケアを行って下さいね。

 

 

 

この記事をシェアする