info@salon-manuka.com

サロンセラピストブログ

足の重だるさとむくみを解消!

カテゴリー:アロマトリートメントについて

今日は久々に長い時間正座をしたので自分の体重で足が圧迫されて、ふくらはぎが重だるいです。

本能ってすごいです。

テーブルの椅子に座っていたら、無意識に自分の足裏や足首を椅子のステップでマッサージしていました。

ふくらはぎが重だるいとき、それはリンパ液や血液のながれが悪くなり、むくんでしまっている状態が考えられます。

「むくみ」とはよく耳にしたり、足がぱんぱんの時に使ったりする言葉ですが。

むくみの正体は?

血管からしみでた水分(組織液)が細胞と細胞の間に必要以上にある状態です。

私たちの身体は全身の細胞に新鮮な酸素と栄養を運び、細胞内で不要となった水や老廃物を回収する機能が備わっています。

それは全身隅々にはりめぐらされた血管、リンパ管、を通る血液やリンパ液の働きによります。

もしも、この血管やリンパ管の流れが何らかの理由で悪い場合、細胞と細胞の間にある水分はうまく管に吸収されません。

→結果、皮膚の表面からみても、ぱんぱんに見え、太く見えたりします。実際に夕方になると靴がきつくなったりしますよね。

 

そして、ここからが重要です!

ぱんぱんの足は、お風呂で湯船に浸かり循環を良くしたり、十分な睡眠をとることでも解消されていきます。

しかし、代謝が落ちて十分に解消できない時は注意が必要です。

むくんだ足は、だんだんと自分の足の太さになっていってしまうと言われています…

忙しくてなかなか分かっていても、日々やることの優先順位があって気が付くと自分のケアは後回しになりがちですよね。

日頃からしっかり運動ができていれば、筋肉の量も多く、血液やリンパ液の循環は良くなりますが、

循環の悪さは運動量の他にも寒さであったり、ストレスによる血管の収縮であったり、さまざまな要因が考えられます。

時々は自分の身体をいたわってあげてくださいね!

サロンでは、足のケアはフットバスで暖めてから、足裏、足の甲、指一本一本、ふくらはぎ、太ももまでしっかりさすりあげ、もみほぐしていきます。

アロママッサージにより細胞間の不要な水分はリンパ管や血管に戻されていきます。

身体が自然に良い状態に戻せない場合は、外からのアプローチでよい状態を保ってください。

この記事をシェアする